P/L:ウィル君。

今朝のウィル君のレッスンは、オビディエンストレーニングのステップアップです。前回のレッスンからのステップアップですが、必要以上に誉めない事と、コマンドを出すタイミングや最終的に、どのタイミングで誉めるのか?など指導手側のテクニックの確認の行いました。また、動きが難しい左屈折のコーナーの動きを再確認しながら動きをスムーズに運ぶ為の繰り返しのトレーニングを行いました。

指導手の肩の開きや視線の改善が進んできましたので脚側行進の全体的なバランスや姿勢が良くなっています。ウィル君の視線の方向も指導手を意識できていますので理想的な形を目標としながらも、トレーニングでは集中力の持続時間を良く理解した上で進めていきましょう。

往路から復路へのターンは、指導手の歩数を合わせるのではなくウィル君との同調性を優先させてラインよりも外へ出てターンをする意識で進めてください。左屈折に関しては、前回までの反転ターンの意識をウィル君に意識させたまま、スムーズに動けるような指示の出し方を覚えて下さい。

紐なし脚側行進も、紐付きと変わらない集中力で脚側行進ができています。課題は、周りからの誘惑刺激ですので、誘惑刺激の中でも指導手のコマンドを優先できるような関係性は、日常の中から作り上げていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  2. ノーズワークグループレッスン。

  3. P/L:獅子君。

  4. P/L:くるる君。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:ひすいちゃん。

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031