P/L:獅子君。

今朝の獅子君のレッスンは、最近の課題であるお友達にあった際の興奮時のコントロールと共に平時のアイコンタクトやコマンドの実行性に関してのトレーニングです。

コマンドの理解は、以前から安定していますが、その実行性に関しての徹底が飼い主さんにできるかどうか?がポイントです。ただ、徹底と言っても無理にやらせるのではなく、その時々での冷静な対応が大切です。日頃から声掛けの時間が多く、飼い主さん自身が思っていることを、ついつい口に出して獅子君に話しかけてしまう無意識の反応は、無闇に飼い主さんからの声の反応を鈍化させる要因にもなります。結果的にアテンションに対しての反応も弱くなりますのでコマンドの際のアイコンタクトも持続しない結果になります。このコマンドの際にだけ、アイコンタクトの時間を延ばそうとしても、その前段階でのアテンションやアイコンタクトの強化がなされていませんので、中々持続時間は延びてきません。もう一度、基礎に戻り日頃からのアテンションの強化に取組みながら自発性を向上させてください。

お友達に会った際のコントロールも、基本的な関係性が安定してくれば必ず飼い主さんを意識します。例えば、臭い嗅ぎなどへの解除のコマンドも、同じようなパターンで解除すると、本来の解除のコマンドで許可を得ているというよりも、獅子君が体感で解除のタイミングを覚えてしまい、コマンドが後付になっていることになります。

出来ているようで実は、先読みをされていて獅子君の行動に飼い主さんが合わせてしまっている結果になることもありますのでチェックをして下さい。お友達との挨拶の許可も冷静に観察し、「飼い主さんの許可」という絶対的なルールを理解させて下さい。


関連記事

  1. P/L:ブランシュちゃん。

  2. P/L:だいずちゃん。

  3. P/L:トナ君。

  4. P/L:凛ちゃん。

  5. P/L:獅子君。

  6. C/L:クロックちゃん。

  7. C/L:杏ちゃん。

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031