P/L:れもん君。

もうすぐ5ヶ月になる、れもん君。前回のレッスンからは暑い中も、早朝からのお散歩などで飼い主さんが社会化を進めるための努力をされてきたようです。その成果として、とても陽気な面も出ていますが、元々少しシャイな性質ですので屋外で自己表現が出来ない分、室内では様々な飼い主さんへの要求行動が多くなる場合もあります。

また飼い主さんも、犬を飼われる経験が初めてですので、れもん君の要求に応えてしまうケースが多いようですので、現在の生活パターンを再検証しながら改善しなければいけない点は、速やかにルールの見直しをしていきましょう。

「れもん」というアテンションに対してや、呼ばれて抱かれる事に対しての距離感なども出始めています。室内での呼び戻しのトレーニングなども、トリーツを見せびらかせて行うと、本来目指すべきコマンドとしての理解ではなく、れもん君との単なる取り引き行為でしかなくなります。飼い主さんのコマンドに従っているのではなく、トリーツに従っている状況ですので、コマンドに対しての行動を先行させてからトリーツは報酬として与えるようにしましょう。現在のれもん君は、コマンドが出ても従わなければ飼い主さんが痺れを切らしてトリーツを出してくれる事を待つという学習が成立しています。今日のレッスンでも行ったように「おいで」のコマンドを出した以上は、最後まで呼びきる事を徹底しましょう。

足拭きの際のウェットティッシュへのジャレ噛みは、遊びの一環になっている事や、足を拭く際の足の持ち方や、向きも犬の足の可動域を考えて無理のないようにしていきましょう。 飛びつき行動に対しては「お座り」のコマンドを強化しますが、「お座り」のコマンドに対してのトリーツの与え方に関しても、飛びつかせて食べるような行動をとらせると「お座り」の意味がなくなります。「お座り」は前足が、ちゃんと床に着いている状態で与えるようにしましょう。またトリーツが出てくる方向でも姿勢が崩れますので、必ず飼い主さんの顔の方向から出せるように習慣化してください。 テーブルの飛びつき、ソファーへの飛び乗り、トイレの場所など改善する為には、れもん君の成長と共に色々な変化が見られますので、先手を打てるように飼い主さんも成長していきましょう。


関連記事

  1. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  2. P/L:ライス君。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:ローキーちゃん。

  5. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  6. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930