P/L:大豆君。

今日の大豆君のレッスンは、前回のレッスン以降の変化やその他の課題に対しての対応や基本的なコマンドの強化トレーニングなどです。特に、飼い主さんの知識や技術の習得が、今後の大豆君の成長に大きく影響しますので実践を繰り返しながら大豆君とのコミュニケーションの時間を作り取組んでいきましょう。

現在の月齢は、様々なモノに興味を示します。大豆君の性質的には何かに対して怯えたりする事は少ない分、非常に好奇心旺盛な反応が多く見られます。またバイクや自転車、ランナーなど動くものに対しての反応も強いようですので、お散歩は社会化を兼ねて、多くの経験をさせながら飼い主さんを意識させられるようにしていきましょう。現状は、飼い主さんからの声がけなどには反応が弱くなっていますので日頃からアテンションに対しての反応を強化しながら屋外でも反応できるようにしていくことが大切です。飼い主さんの傍で歩いていると良い事があるという結果を丁寧に教えていきましょう。また、この際のトリーツを与えるポイントもシッカリと飼い主さんが理解して行う必要があります。今までは、前しか向いていなかった大豆君が、飼い主さんを見上げられるようになったのは大きな成長です。

自由運動も兼ねて広場でロングリードを活用した呼び戻しのトレーニングでもアテンションへの反応は重要です。呼び戻しのコマンドを無視できることを教えずに、確実にコマンドに対して実行させられるようにトレーニングをしていきましょう。トイレトレーニングに関しては、室内でのトイレトレーニングは時間やタイミングのズレなどもあり、現状では我慢をしてしまうことを覚えています。逆に屋外でのトイレへの意識の方が高まっていますので、まずは屋外でもトイレのコマンドを理解させるトレーニングをしていきましょう。必ずトイレをしそうになる前にコマンドを出して、排泄中に誉めて終わったらトリーツを与えながらコマンド自体の理解を深めて下さい。今までの生活環境から、ストレスの軽減された環境に改善したことで、興奮度や反応も落ち着いてきているようです。今後の月齢ごとの成長でも、様々な変化が出てきますので良く観察していきましょう。


関連記事

  1. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  2. with sarada 121th Yokohama-School

  3. P/L:れもん君。

  4. P/L:ローキーちゃん。

  5. P/L:ローキーちゃん。

  6. P/L:しぇり君。

  7. P/L:トナ君。

  8. P/L:オペラちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930