P/L:モコちゃん。

今日のモコちゃんのレッスンは、コマンドの基礎トレーニングとお散歩トレーニングです。

お座りの姿勢の維持は、出来ていますが伏せの姿勢維持が中々出来ないということですので、現状のトレーニングの動きを見させて頂きました。飼い主さんから声がけや手の動き姿勢など、必要以上の働きかけが多すぎる為に、シンプルにコマンドの理解として進んでいないようです。またトリーツが解除の合図となっていますので、トリーツを与えると、すぐに伏せの姿勢の解除につながっていました。そこで伏せの姿勢の維持を理解させる為に、飼い主さんからの様々な働きかけの情報を無くして伏せ続けている事をタイミングよく誉めてトリーツも連続強化から変動強化に切り替えながら解除のコマンドで姿勢を解除させるまでの一連の流れを理解してもらいました。またコマンド以外の声がけやハンドシグナルを無くしてコマンドだけでモコちゃんに考えさせるという段階を与えることで集中力が強化されます。

そして、今日は更に伏せのステップアップとして、正面でのコマンドの実行から飼い主さんの足下で伏せる「アンダー」のコマンドのトレーニングも行いました。このトレーニングも、最初はルアーで姿勢の理解から進めますが、必要以上の声掛けはせずにシンプルにコマンドとトリーツ獲得の関連付けを進めるだけで短時間で覚える事が出来ます。今後は、トリーツの頻度を減らして姿勢の維持。そして最終目標は、このポジションでリラックスして居られる事ですので丁寧にステップアップしてみてください。カフェなどでは、その環境の違いにより飼い主さんの足元に伏せれない場合もありますので、その際は、イスの下にアンダーで伏せらせられるように、ご自宅のダイニングでトレーニングをしてみて下さい。

お散歩での臭い嗅ぎのコントロールや他の犬への吠えなどの課題に関しては、そのシチュエーションにより対応が異なります。またいくつかのコマンドを出す場面もありますが、そのコマンドの解除が無いままに、モコちゃんが自主解除してしまっていますので、無理にコマンドを出さずにクリアできる方法を再考した方が、お互いにストレス無くお散歩が出来ますし、間違ったコマンドの理解にならなくなります。他の犬に対しての吠えは、他の犬を見つけた段階からの飼い主さんの対応を考えて下さい。コマンドでコントロールする場合は興奮状態でない環境下でのコマンドの実行性が高くなければ、興奮状態では実行性は確実に低下しますので、吠えに対しての対処以前に日常のコマンドの実行性の強化を進めていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  5. P/L:たんぽぽちゃん。

  6. P/L:ブランシュちゃん。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829