P/L:ももちゃん&レティーちゃん。

今日のももちゃん&レティーちゃんのレッスンは、オビディエンスの基礎トレーニングです。

脚側停座を考える

臭い嗅ぎの意識の強いレティーちゃんの場合、中々脚側停座のコマンドが出ていても停座に着く事ができません。この際に、リードのコントロールで行うことは、レティーちゃんの自発性を引き出すことができず、隙を見て、また臭い嗅ぎをする事を繰り返すことになりがちですので、正しい行動をレティーちゃんに考えさせて選択させる事で強化していく段階です。

この基礎段階を丁寧に進めて安定させていかないと現在の課題は改善していきません。また課目のトレーニングだけに、この課題の修正行うのではなく日頃から、コマンドが出ている時には臭い嗅ぎをしないようにルールを決めて習慣化させましょう。

正しい脚側停座から正しい脚側行進が生まれますので、アイコンタクトの姿勢を維持した状態から移動できるように1歩1歩を大切に作りましょう。今日のレッスンのように、先を焦らずに1歩から4歩までを基準にして進めてください。距離間は、前回よりも改善されています。

左手を追わせない

今までのトレーニングの癖により、ももちゃんは誘導的な動きをする指導手の左手を追うようになっています。また、追わせなくしたい指導手も、あえてももちゃんの追いたいスイッチを入れてしまうような手の動きをしますので、自信を持って手を動かさずに真っ直ぐ立つようにしていきましょう。

今まで追っていた手を追えなくなると、今度は指導手との距離間が広がり、遠目から指導手の動きを観察する脚側行進になりますので、正しいポジションで指導手と同調した脚側行進への修正が必要です。ももちゃんも1歩1歩を大切にいしていきますが、レティーちゃんよりも更に細分化が必要です。

伏臥の方向性を真っ直ぐにする為には、真っ直ぐな脚側停座の意識が必要です。前回よりも停座の位置が安定していることと視符で真っ直ぐ伏せさせる事を繰り返し改善していきましょう。

寒さの影響もあり、肘が浮いてしまう傾向も見られますので、日頃のトレーニングで改善することと、伏臥の姿勢でのアイコンタクトも強化して下さい。


-I speak Dog too!!- with sarada

関連記事

  1. P/L:スミレちゃん。

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. P/L:花音ちゃん。

  4. P/L:いちごちゃん。

  5. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  6. P/L:モコちゃん。

  7. P/L:しぇり君。

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31