P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

今日のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、オビディエンストレーニングとレトリーブの修正トレーニングです。

モチベーターのレトリーブ

ブルース君のトレーニングで使用しているボールのレトリーブに関しては、今までも修正トレーニングをしてきましたが、日頃のトレーニングの中で疑問点や改善点について、実際に動きながらトレーニングをして改善の切っ掛けを掴んで頂きました。

ロングリードを使いながらの修正は、犬の自発性をリードを伝って感じれるようにならないと、いつまでも進歩はありませんので気をつけてください。また、単にボールを投げるのではなく引っ張りっこで負けることを繰り返しながらレトリーブの動きを関連付けましょう。

集中力の持続

ブルース君もリンゴスターちゃんも、課題に対しての取り組みが少しずつ成果として表れてきています。特にブルース君の脚側行進の集中力の持続は、以前よりも強化されてきています。

これを維持させて、更に延ばす為にもモチベーターの使い方とレトリーブの一連の流れをスムーズに出来るようにする事がポイントとなります。また意欲が高くなると、指導手の動きが、犬を見なくなる為に、同調性が無くなりますので注意しましょう。

リンゴスターちゃんの視線を気にしていますが、集中力が高くなれば、必ずアイコンタクトが維持されますので、正しいポジションの修正を心がけながらステップアップしていきましょう。

招呼の集中

ブルース君の招呼はダブルコマンドになり易い傾向がありますので、真っ直ぐにスピード感のある招呼で正面停座できるように基礎トレーニングを行いました。

この際も、ボールの使い方とブルース君の正面停座のポジションなど、いくつかの事をチェックしながらボールの投げる方向も理解した上でトレーニングしましょう。

伏臥と立止

リンゴスターちゃんの脚側停座のバタつきは、以前より少し減少していますが、脚側行進からの脚側停座なども、まだポジションが不安定ですのでトレーニングをして下さい。伏臥と立止も真っ直ぐで正しい脚側停座が出来ている事が成功の鍵です。

また、脚側停座で集中できていないと1声符では出来なくなりますので、リンゴスターちゃんの意識の方向を確認することとトレーニングでは確実に視符を入れて真っ直ぐな伏臥の理解を深めてください。立止も、外へのブレの改善は引き続き取り組んでください。


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. 謹賀新年

  4. ノーズワークグループレッスン。

  5. 第1回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:こはくちゃん。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930