P/L:マフィン君。

今日のマフィン君は、前回のレッスン以降に教えてもらったコマンドのステップアップやお散歩トレーニングの状況と現状のチェックです。

自己アピールに負けない

トイプードルは、とても陽気で自己アピールの上手な犬種でもあります。マフィン君の理解力も高く、どうしたら自分を見てくれるか?構ってくれるか?を良く知っています。そして歓迎のジャンプでの飛びつきは、とても可愛いですし、こちらも笑顔になりますが・・・・。単なる飛びつきを止めさせるという理由よりも、将来のことを考えると自分の体高の何倍もの高さまでジャンプして着地する動きは、股関節や肘・膝にも大きな負担になります。滑り止めでタイルカーペットを採用して頂いていますので多少の軽減にはなりますが、この動作を屋外や滑る床などで行う事は良い結果に結びつきませんので「お座り」の強化を今まで以上に意識させましょう。飛びついた時は、無視をしてお座りを長くしている事ができたらご褒美がもらえるように少しずつ時間を延ばす事と、飛びつくようなシチュエーションを与えて「お座り」を選択させるようにトレーニングをしてみて下さい。

 

お散歩でも自己主張

マフィン君のお散歩での唯一の課題が、ストライキです。自分の行きたい方向や気になる事があると急に止まったり伏せたり・・・・と飼い主さんを悩ませます。しかし、これも自己主張の1つですので、その度に反応したり対応せずに、一緒に歩けている時間や動きを誉めて強化していく必要があります。

止まる事で飼い主さんが話しかけたりすると、マフィン君の術中にはまります。まして、オヤツを出して進ませようなどと考えると、更にストライキ行動が強化されますので注意しましょう。

 

コマンドのステップアップ

前回のレッスンでは現在理解している「お座り」と「伏せ」の次に「立って」の習得をお願いしました。飼い主さんのコマンドを教える教え方も上手で、良く理解できるようになっていますが、マフィン君と飼い主さんが向き合ってコマンドを出すとマフィン君が前の方へ出てしまう「立って」になってしまいますので、「ついて」のヒールポジションで「お座り」「伏せ」「立って」ができるようにトレーニングをしてみて下さい。トレーニングの方法は、今日のレッスンで行ったようにコマンドと動きの関連付けを分り易く教えていきましょう。その他にも、沢山の新しいコマンドを教える事もできますし、その能力も持ち合わせていますので楽しみながらステップアップしていきましょう。

お散歩の「ゆっくり」のコマンドも上手に出来ていますので、以前のように色々の場所の臭い嗅ぎをする事も少なくなりました。

ヒールポジションの精度を向上させて、横断歩道の前でもヒールポジションで待つ事も出来ていますし、飼い主さんに集中できています。

クレートトレーニングも、無理なく少しずつ強化して下さい。コマンドは理解していますが、長い時間クレートに入ってもリラックスしていられるように工夫する事が必要です。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:凛ちゃん。

  2. P/L:いちごちゃん。

  3. P/L:ゲイリー君&マー君。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:リンゴスターちゃん。

  6. P/L:はなちゃん&くぅちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. 実働訓練会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30