オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、パコ君・ウィル君です。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

パコ君は、指導手に対しての集中力の維持が低下しているようですが、指導手側からの適切な対応もパターン化しているのも要因のようです。シッカリ誉める場面では誉めれるようにしていかないと緊張感だけが強くなり本来のパコ君の良い動きが引き出せない状況になりますので注意しましょう。行進中の作業では、少し先読み傾向も出てきていますので1つ1つの動きの「間」を大切にして下さい。


ウィル君は、引き続き速歩の右屈折の動きと課目ごとの脚側停座のポジションのズレの改善が課題です。屈折時の膨らみに関しては、事前に指示を出して意識させることも必要ですので自主トレーニングで続けて下さい。また脚側停座のポジションは、指導手の肩の位置や視線を意識しながら必ず視符を出して正しいポジションの認識を高める事で、視符なしでのポジションの改善につながります。伏臥の実行速度なども低下していますので、本番前に色々な事が制限されてしまう事を進めるのではなく、出来ている事を沢山誉めて指導手に対しての意識を強化しながらニンゲン側のルールの徹底をしてください。


関連記事

  1. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  2. NWP:ココアちゃん&ビビちゃん&レイちゃん

  3. NWP:Mi’ke君-Odor-

  4. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  5. NWP:Mi’ke君-Odor-

  6. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  7. NWP:Mi’ke君-Odor-

  8. NWP:プーちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031