オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、ハル君・トナ君・リサちゃん・レティーちゃんたんぽぽちゃん・ローキーちゃん大和君です。ペアごとに基礎トレーニングや環境刺激に対しての対応なども含めたステップアップトレーニングを行いました。

ハル君は、前回のレッスンからモチベーターを変更して行っていますが、環境によっては周りへの意識の方が強い為に、中々上手にモチベーターを活用できていません。しかし、指導手と共に同調する動きは出来てきていますので今後も繰り返し進めていきましょう。招呼は、前回よりも良くなっていますし伏臥と立止に関しては良く理解できていますので指導手の視線や姿勢のステップアップをしていきましょう。


トナ君は、脚側停座の強化を進めて頂いていますが、指導手の対応がどうしても遅くなったりトナ君の判断に任せてしまう場面が多く見られますので指導手の気持ちや動き方の改善に努めて下さい。伏臥の実行速度は、以前よりも速くなりブレが無くなっていますが、指導手の視線や視符を無くしながらステップアップしていきましょう。行進中の作業は、規定ラインでの実行ができるように今後も反応速度の向上が必要です。


リサちゃんは、環境が変わる事でいつもできている事ができなくなる事が多いようです。脚側停座で座る事ができなくなる事も多く見られますので、まずはどこでも停座ができるように進めていきましょう。また鳥や通りかかる他の犬に対しての反応は顕著で、コマンドを実行せずに立ち止まる状況が多く見られます。特に紐無し脚側行進以降の課目に関しては、自発的な行動を如何に引き出して安定させるか?が課題ですので日頃からの対応を再考してみて下さい。


レティちゃんは、防寒用のスーツに違和感がある為にいつもの集中した脚側行進ができない場面も見られましたが、課目の理解は安定していますので無理をせずに修正課題に対しの克服トレーニングを進めていきましょう。自由選択課目も新たな課目の導入が順調なようです。


たんぽぽちゃんは、寒い中でしたが良く同調した脚側行進ができるようになっています。招呼でのは反応が少し遅れましたが、1度のコマンドで実行できていましたので今後も継続的にできるようにしていきましょう。伏臥と立止の課目でも、その場での立止が出来ていましたので1歩1歩ですが変化が出てきていることがわかります。


ローキーちゃんは、課題の紐付き脚側行進の修正と強化は順調に進んでいるようです。自由選択課目を含めて伏臥の姿勢の課目が多くなっていますが、とても意欲的で集中した動きができていますので先読みをさせないようにしながら、ローキーちゃんの良い面を伸ばしてあげましょう。


大和君は、モチベーターへの意欲も高く集中が出来ています。速歩の動きは指導手の動きから改善していく必要がありますので同調性の高い動き方を求めていきましょう。行進中の伏臥は、伏臥の実行が不安定ですので、一旦停止とは意味が違い、コマンドを出した際の実行速度を上げていきましょう。


関連記事

  1. P/L:リリアちゃん

  2. P/L:かん太郎君

  3. P/L:メアリーちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:高峰君。

  8. P/L:ウィル君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031