P/L:バロン君

久しぶりのレッスンとなったバロン君は、ご自宅での自主トレーニングの様子を見させて頂き、改善点などをチェックさせて頂きました。

「ヒール」のポジションは、飼い主さんに真っすぐに座れるようにトレーニングをしてください。このトレーニングのポイントは誘導の仕方ですので飼い主さんの誘導の仕方をシッカリと理解してトレーニングをしてみて下さい。

また基本となる「座れ」と「伏せ」のコマンドも、トリーツを食べるとすぐに自主解除をしてしまう習慣になっていますのでコマンドを実行し続ける事ができるようにトレーニングをしていきましょう。

コマンドが出ている際には、飼い主さんへのアイコンタクトを維持している事をか確認する事が持続のポイントになります。また「解除のコマンド」も大切な要素ですので、解除されますまで姿勢を維持できるようにしていきましょう。

その他にもお散歩のルールと臭い嗅ぎやマーキングのコントロールなど、飼い主さんの一貫したルール作りが課題克服のカギを握っています。バロン君をどのように育てていくのか?を再確認してみましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. ノーズワークグループレッスン。(C)

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:日向ちゃん

  5. P/L:アスラン君。

  6. with sarada Lodging training in MON…

  7. P/L:ローキーちゃん。

  8. P/L:マーク君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930