オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・たんぽぽちゃん・龍君・大和君です。それぞれのステップアップトレーニングと課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

レティーちゃんは、脚側行進の左屈折の動きは、ショートカットがなく同調していますし課目を通して良い集中力でこなせています。課題の行進中の伏臥も、基礎トレーニングの積み重ねが結果として表れてきていますので、現在の基礎トレーニングを継続していきましょう。その場での伏臥の動きの調整に関しては、あまりタイトなトレーニングにならないように進めて下さい。


たんぽぽちゃんは、湿度の高い中でしたが良く頑張れました。指導手の報酬のタイミングをパターン化せずに行うようにしないと各屈折時の停座が止まるように認識されていますので変更していきましょう。招呼に関しては、課目以外のコマンドの実行性を確認してください。立止の修正は紐付きで今後も進めて下さい。


龍君は、脚側行進の姿勢の意識が以前よりも維持できるようになっていますが、現在のトレーニングの強化ポイントである右折・ターン・左折・脚側停座の流れの中での報酬のタイミングと位置を指導手が再確認して行いましょう。このトレーニングの段階での細かな確認作業が理想的な動きと姿勢の維持を作りますので丁寧に進めましょう。招呼の際の「停座」の静止を1度のコマンドで実行できるようにしていきましょう。伏臥は実行性が高くなっていますので脚側停座に戻る際の動きを今後も安定させて下さい。立止は、指導手が感じているよりも前足が動いていますので後肢での立止を目指してください。


大和君は、FIELDでのトレーニングが環境の変化に対して、どの程度の違いが出てくるか?を確認したいのですが、指導手の動き方もFIELDと違ってしまう事で大和君が正しく動けなくなっています。報酬の位置やタイミングを、その動きごとに工夫して正しいポジションを教えていきましょう。湿度の高い中でしたが集中力は維持できていましたので、メンタルの状況も把握しながらトレーニングを進行するようにしましょう。招呼の反応速度は申し分ありません。伏臥は、現在強化中ですので正しい動きを指示しましょう。立止は、完成度が高くなっていますので今後も現状のトレーニングを進めて下さい。


関連記事

  1. P/L:メアリーちゃん。

  2. トレーリンググループレッスン

  3. with sarada 123th Yokohama-School

  4. P/L:クーちゃん。

  5. P/L:獅子君。

  6. P/L:かん太郎君

  7. P/L:ブーヤ君。

  8. P/L:アルウェンちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031