P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンは、オビディエンストレーニングと現在の課題についての対応などへのレクチャーです。

前回よりも集中力の維持ができていない面は見られましたが、課目の動きは理解していますし左屈折の動きもハル君自身が理解できていますのでスムーズに曲がれるようになってきています。

現在の課題や飼い主さんの気持ちの中のモヤモヤについて伺いながら今後ハル君と過ごす有意義な時間の使い方などについてお話をさせて頂きました。

以前よりも、ハル君と飼い主さんの成長により改善している点は多くなりステップアップの為のオビディエンストレーニングも理解が深まっていますが、どうしても改善しきれない特定の犬への吠えについては飼い主さんの気持ちも萎えてきているのが現状のようです。課題は屋外の刺激レベルの高い環境下で表面化しますが、この環境レベルの内容は様々で、単に相手の犬が存在するばかりではなく周りを取り巻く人などにより、本来は飼い主さんが行わなければいけない対応が正しく行われない事が要因である場合もあります。ですが、飼い主さんとハル君の関係は、他人には関係のないことですので真摯にハル君と向き合う姿勢は、今後も変わらずに一貫して対応するべきだと思います。また、今までとは違う新しい経験もハル君には必要です。そこで出会う、多くの犬や人との経験は、今後の犬生と飼い主さんの経験値を更に豊かにしてくれる事と思います。

現在の「座れ」「伏せ」「立って」「ついて」「待て」「来い」などのコマンドを出した場合の、ハル君の反応速度や実行性はこれからも精度を向上させる必要がありますし、この精度の向上が課題への改善にも大きく影響します。今できている事の再確認を行いコマンドを実行している際には、飼い主さんへのアイコンタクトが持続できるように確認をしてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. P/L:ウィル君。

  3. P/L:B君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ゲイリー君。

  6. P/L:花音ちゃん。

  7. P/L:リンゴスターちゃん。

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031