P/L:ウラ君

今日のウラ君のレッスンは、前回のレッスンで対応を検討した苦手なポイントの通過についての確認トレーニングやお散歩時のコマンドの使い方についての実践トレーニングです。

単なる苦手ポイントの通過だけではなく、そこに至るまでの経緯やウラ君の飼い主さんへの意識がどの程度希薄なり、刺激に対しての反応が出ているのか?などを確認する必要があります。

通常の刺激の少ない状況下でもアテンションに対して反応が出るのかどうか?の確認は、中々意識的に行う事も少ないようですので、日頃のお散歩に採用してウラ君の気持ちの変化を確認してください。刺激レベルが強い場合は、当然反応できな場面も出てきますので、基礎トレーニングで行った対応とは、また違う対応も必要になります。コマンドが出たら無視をさせない事は大前提ですが、コマンドに反応できそうもない環境下では、無暗にコマンドを連呼して無視する事を経験させない事も必要です。

今回も苦手なポイントでは、一定の反応を見せましたが、飼い主さんを意識して歩くことを徹底する事でウラ君の視線の方向も変わります。

またリードのテンションにも変化が出ますので、以前のレッスンで行ったようにリードのコントロールだけに頼らずに、事前にコマンドを出してコマンドでコントロールできるように飼い主さんの習慣化を急ぎましょう。

また同じ屋外でも、一定の反応が得る事ができる場所でのコマンドの精度は、徐々に向上させてください。「ついて」などのコマンドは、どこに停座をするのか?をピンポイントで教える事で見え方も変わります。

ウラ君とコミュニケーションがとれている状態は、とても自然で理想的ですのでこれからも、どんな場所でもニュートラルでいられるように関係性を深めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ローキーちゃん

  2. with sarada Lodging training in MON…

  3. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  4. P/L:ルナちゃん。

  5. トレーリンググループレッスン。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:トナ君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031