JKC 2022 春季訓練競技会

本日は、埼玉県吉見総合運動公園にてJKC2022春季訓練競技会が開催されました。お天気が心配されましたが、出陳ペアの競技が終わるまで雨に降られず過ごすことができました。CDⅡの公開訓練試験に出陳したのは、アメリちゃん。家庭犬中等科CDⅡの競技会に出陳したのは、ウイル君・レティーちゃん・ローキーちゃん。特別犬の部に出陳したのはトナ君です。

それぞれの結果は以下の通りです。

アメリちゃん 公開訓練試験 CDⅡ 合格

昨日までの調整期間の中での不安感もあったようですが、本番ではアメリちゃんと指導手の関係性が非常に良く表現できた10課目でした。細かな改善点はあるものの合計点数は、99.4点と競技会でも通用し上位入賞を狙えるほどの高い評価を頂きました。またこれからも関係性を深めながら新たなステップへチャレンジしてみて下さい。


ウィル君 第3部家庭犬中等科 A組  94.8点

いつもの集中力よりも周りの刺激に左右されてしまい、本来のウィル君の能力を発揮できないままの競技となってしまいました。前回の春の本部展では、CDⅠでの出陳でしたので今回のCDⅡへのステップアップで、まだ完成度が安定しない課目もなる中、ポイントまでは、あと一息という段階でした。今回のミスや課題を再検証して次の競技会に向けて調整していきましょう。


ローキーちゃん 第3部家庭犬中等科 E組  97.4点 3席 T.CH Point獲得 T.CH完成

春の本部展の初出陳の際よりも高い評価でポイントと3席という席次の結果を得ることができた事は、日々の努力の成果だと思います。1か所だけ脚側停座へ戻る際のミスがありましたが、今回のようなミスが無くなると1席も充分に狙える精度になってきていますので細部の修正を進めていきましょう。そして今回のT.CHポイント獲得で、トレーニングチャンピオンが完成しました。本当におめでとうございます。


レティーちゃん 第3部家庭犬中等科 A組  93.4点

脚側行進の集中も高く良いスタートが切れていましたが、指導手の課目の勘違いがあり、点数が伸びませんでした。レティーちゃん自身の課目ごとの集中は、いつものトレーニング同様に非常に安定していました。行進中の伏臥は、今後も強化が必要ですが確実に精度が向上していますので、次の競技会に活かせるようにトレーニングを進めていきましょう。


トナ君 第13部特別犬の部  97.2点

春の本部展では、CDⅠの公開訓練試験を受験し合格しましたが、今回は競技会へのチャレンジとなり課目は、CDⅡへのステップアップでしたので、トレーニングも色々な壁にぶち当たりながらの本番となりました。調整段階でも自由選択課目の選定し直しなど、トナ君の良い点を引き出そうとする指導手の観察力が、今回の結果となって表れました。97.2点は通常のCDⅡではポイント獲得点数ですので本番での競技の評価は努力の成果です。これからも更に精度を向上させられるようにトレーニングを進めてみて下さい。


本日も早朝より本当にお疲れ様でした。前回よりも確実に皆さんのペアの精度は向上しています。競技会を通じて、更に良い関係性を深められるようにこれからもトレーニングをしていきましょう。応援に駆けつけてくれたクーちゃんファミリー・アヴィちゃんファミリーありがとうございました。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ローキーちゃん。

  3. P/L:ルイジ君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  6. P/L:ミクちゃん。

  7. C/L:小豆ちゃん。

  8. P/L:アメリーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930