P/L:かん太郎君&ミーナちゃん

今日のかん太郎君&ミーナちゃんのレッスンは、落ち着いた2頭引きのお散歩を目標にしたトレーニングについて、現状の確認とコマンドの実行性の向上やポジションのシェイピングなどのトレーニングを行いました。

それぞれのお散歩のリズムが違うこともあり、2頭でのお散歩を安定させる為には、お散歩のルールを決めて飼い主さんがシッカリとコントロールしながらイニシアティブを握った中での楽しいお散歩を心がける事です。特に成長期のかん太郎君の動きは、環境刺激には敏感に反応しますのでかん太郎君の視線や耳の向きなどにも注意を払いながら先手の指示を出せるようにしていきましょう。ミーナちゃんは、どちらかというと後方で様子を伺いながらのお散歩が目立ちますし、後方の飼い主さんの観察力の影響を受けないポジションを良く理解してる場面も見られます。2頭共に飼い主さんの左側で同調できるポジションを理解させましょう。※但し、狭い通路などでは臨機応変にポジションチェンジもできるように考えてください。

FIELDから屋外に出る際の「Stay」のコマンドと、次に連続的に出されるコマンドの認識が出来ていませんので、コマンドを連続的に実行させる習慣を身につけていきましょう。

「コマンドは解除まで姿勢を維持させる」は、トレーニングの際の理論日常は連続コマンドで流れをつくりましょう。

以前からお話しているコマンドの考え方ですが、コマンドが出たらコマンドの姿勢を解除のコマンドまで維持し続けるという基本的な考え方は、あくまでも、1つのコマンドを理解させるトレーニングでの理論です。日常では、1つのコマンドごとに解除をしてしまうと次のコマンドへの連続的な認識が困難になりますので連続的なコマンドで流れをつくり、飼い主さんが指示した任意の臭い嗅ぎや開放できるスペースにでの解除という流れを理解しましょう。

FIELD周辺のお散歩の状況を見させて頂くと、最初は少し落ち着きのないバラバラな動きでしたが、飼い主さんが自信を持ちお散歩を進めていく事で2頭の意識は飼い主さんに安定して向くようになっていました。

横断歩道などでの「ついて」のコマンドの精度を向上させるシェイピングのトレーニングを1頭ずつ行いながら2頭でのポジションの確認のトレーニングにつなげていきます。

2頭引きの場合は、ミーナちゃんが内側でかん太郎君が外側のポジションがコントロールしやすようです。このポジションを基本として、ステップアップをしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:大豆君。

  2. DRDN捜索基礎訓練会。

  3. C/L:はなちゃん

  4. P/L:あんずちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:アメリちゃん。

  7. P/L:ミクちゃん。

  8. P/L:ジャック君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31