P/L:マグ君

今日のマグ君のレッスンは、最近の状況の確認と対応についてのレクチャーをさせて頂きながら、コマンドの理解度の確認や報酬を使わないでコマンドのみで実践する方法などをトレーニングしました。また、拾い癖の傾向が強いようですので、極端な設定ですが許可なく無暗に落ちているものに反応しないようにするレッスンを設定しました。

飼い主さんからのお話を伺いレクチャーをしている最中は、大人しく伏せて待つこともできるようになってきました。現状のお話では、日常生活の中の改善点としてオモチャ等を出しっぱなしにしない事や食事や散歩の時間を決めすぎて要求に応えるように対応しない事、適切な運動を屋外で与えられるように努力をして頂くことなど、いくつかの改善点についてお話をさせて頂きました。

「座れ」のコマンドに対して、後肢が崩れる癖がありましたので改善をお願いしました。意識的に正しく座らせることを実践して頂きましたので、以前よりもマグ君自身が停座の姿勢を意識できるようになってきています。今後も、この姿勢を自然にできるようにしていきましょう。

「待て」から「来い」で呼び寄せて「つけ」で脚側停座をさせる一連の動きについて、報酬のルアーで行うのではなくコマンドとハンドシグナルで実践できるようにお願いをしています。報酬を与えるタイミングや、与えようとする手の動きなどでマグ君が先読みをしたりコマンドを無視したりする切っ掛けにならないように注意をしましょう。

拾い食いのトレーニングは、色々なシチュエーションを設定して行いますが、今回はポイントを3か所設定して、落ちているトリーツに対して無視できるようしていきます。無視をさせることをトリーツを提示して誘導して行うと本来の無視の意味にはなりませんので教え方を間違えないようにして下さい。トリーツを提示するのは、無視ができた時だけですので、落ちている対象物に視線が向いた時点で注意して飼い主さんへ意識を移行していかないと対象物に反応してからでは遅くなります。

今回はトレーニングとしての環境設定ですので、飼い主さんにも心の準備ができますので無難な対応が可能ですが、お散歩の実践では、中々難しくなり。マグ君が臭いを捕った瞬間に飼い主さんが気付けるように観察力を高めてください。


関連記事

  1. with sarada 118th Yokohama-School

  2. P/L:トナ君

  3. P/L:ハル君

  4. P/L:凜ちゃん。

  5. C/L:日向ちゃん。

  6. P/L:ブランシュちゃん。

  7. P/L:ブルース君。

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930