P/L:アルウェンちゃん

早朝からのアルウェンちゃんのレッスンは、前回のカウンセリングの状況と同じようにお散歩中の他の犬への吠えや声をかけてくれる人や知っている人に対しての飛びつきのコントロールなどです。

とても陽気な性質ですのでパピー期からの他の犬とのコミュニケーションの習慣がお散歩中に会う犬に対しての反応として表れているようです。この反応をコマンドでコントロールできるようにしていくことが飼い主さんの役割ですのでアルウェンちゃんだけに何かを教えることではなく、共に成長していきましょう。

刺激のない状態でのお散歩自体の動きは、とても安定していますし飼い主さんを意識してアイコンタクトもとれています。飼い主さんの改善点としては何かにつけ「アルウェン」とアテンションコマンドを使いすぎるようです。周りの人が、この犬の名前は「アルウェン」だと分かるくらい使いすぎていますので注意してください。

知り合いに会った際のルールについても、今後は飼い主さんの許可で挨拶をさせるような習慣をつけていきましょう。最初は少し面倒かもしれませんが、このルール作りは今後のステップアップには欠かせません。そして、ルールを作るのは飼い主さん側ですので、必ずルールを守るのも飼い主さんの役割です。

一定の距離間は、刺激の強弱の指針となります。どの程度の距離であれば吠えずにすれ違いられるのか?を犬種や性別を確認したうえで分析して対応を考えていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ウィル君

  2. P/L:ポムちゃん

  3. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  4. with sarada Lodging training in MON…

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:ウィル君

  7. P/L:蘭ちゃん&金太郎君

  8. P/L:ヴィオラちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031