オビディエンスグループレッスン

早朝からのオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・ローキーちゃんです。


トナ君は、それぞれの課目ごとの精度を向上させるために、細部の動きから強化と改善が必要です。脚側停座のポジションは安定してきていますが集中力は、まだ不安定な場面が多くみられますので、脚側行進のスタートに影響を及ぼします。1歩目のトレーニングも普段の練習と環境や緊張感が違うことで、いつものような動きが見られなくなります。しかし、どのような状況でも指導手からのコマンドに反応できるように集中力を維持していく必要があります。

トレーニングと共に築き上げてきた関係性が、今後の精度向上のトレーニングには必要不可欠になります。日常の1つ1つのコマンドや動作を確認しながら、トナ君主導の動きにならないように注意してみて下さい。


ローキーちゃんは、トレーニング開始時の指導手のメンタルや、日常のトレーニングにはない緊張感が、ローキーちゃんの動きに影響を与えます。しかし、指導手の動きは制限されますので、その制限された動きが日頃のトレーニングに取り入れられるように工夫をしていきましょう。

また、トレーニングで使用しているトレーニングエプロンなども使わずに行うことで、ローキーちゃんの動きに変化が出ないかどうか?の確認などもステップアップのための重要なチェックポイントです。紐付き脚側行進も紐無し脚側行進も、ほぼ差が無くなってきています。環境刺激に弱い部分は、まだ改善が必要ですが、CDⅡの規定課目の導入の動きも指導手の動き方の理解も含めて少しずつ良くなっています。


関連記事

  1. P/L:こはくちゃん。

  2. トレーリンググループレッスン。

  3. P/L:Mike君。

  4. P/L:ウィル君。

  5. P/L:たんぽぽちゃん。

  6. P/L:ルナちゃん。

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:ブランシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728