P/L:ウィル君。

今日のウィル君のレッスンは、オビディエンストレーニングと現在の課題に対しての取り組み方や修正についての実践トレーニングです。

正しい位置での脚側停座を理解はしていますが、1度のコマンドで正しいポジションに脚側停座できなくなっています。これは、何度やり直しても報酬が与えられる事を理解していますので、やり直しをしないで1度で正しい脚側停座にポジショニングできるようにしていきましょう。

脚側行進の集中力に関しても一定の距離を経過すると視線が落ちてしまいます。正しい姿勢での脚側行進を分解しながら再構築していきましょう。その為にも基礎となる脚側停座のポジションの強化と環境刺激に左右されない集中力を身につけなければいけません。

特に最近の傾向として、飼い主さんである指導手のトリーツの使い方や与える頻度・意味などが安易になっています。同時にアイコンタクトが全く取れない状態になりハンドコンタクトが強くなっていますので脚側停座のポジションのトレーニングに修正方法を取り入れながら改善をして下さい。

トリーツを持っている手を意識せずにアイコンタクトを優先してコマンドを実行するようにトレーニングをしましょう。この姿勢から脚側行進に1歩進んだ時にアイコンタクトをしたまま同調して移動できるかどうか?のチェックがステップアップです。

大好きなボール遊びの際でもアイコンタクトの強化トレーニングが出来ます。アイコンタクトをしないとボールは投げられない事を遊びの中のルールとして取り入れてみて下さい。

まだ少しボールを持っている右手の方に姿勢が偏っていますので、自信を持って強くアイコンタクトが出来るようにして下さい。またアイコンタクトの持続時間を延ばす為に誉めると、すぐにアイコンタクトがズレてしまいます。これは誉め言葉が本来の誉め言葉としてではなく解除の意味として理解されているからです。月齢的に、今までの飼い主さんとの時間の中で自分に都合よく理解している事が多くなりつつある時期です。飼い主さん自身の対応をもう一度見直して次の段階に進めるようにしていきましょう。


関連記事

  1. 雪山捜索救助連携訓練。

  2. P/L:パコ君。

  3. P/L:ももちゃん&レティーちゃん。

  4. P/L:パコ君。

  5. P/L:モコちゃん。

  6. P/L:ブルース君。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031