P/L:アメリちゃん。

今日のアメリちゃんのレッスンは、現状の変化や確認とオビディエンスコマンドの基礎トレーニングを含めた呼び戻しなどの強化トレーニングです。

ヒールポジションでの脚側停座は、正しいポジションよりも少し斜めに停座する癖が出ていますので改善していきましょう。改善する方法は実践で行ったトリーツを出す方向ですが、アメリちゃんの理解が進むことで臨機応変に対応する必要があります。脚側行進は、ヒールポジションの脚側停座の斜めの認識が、そのまま脚側行進の動きになっていますので、現在の段階のトレーニングでは左手のポジションで修正してください。

約20mの「待て」から集中した状態を維持しての呼びに関しては、飼い主さんからのコマンドをシッカリ待ち理解し実行できています。

呼び戻しの後のヒールポジションは、早目にコマンドを出すようにしていきましょう。また、同じパターンで呼びを繰り返すと自己判断で動き出しますので、今日のレッスンで行ったように、「待て」の姿勢の強化も併用して行ないます。

コマンドの理解と実行性は、飼い主さんへの集中が前提ですので、フリーで動いている場合に、何かに反応し臭いを嗅いでいてもコマンドを優先するには、基本的なことを繰り返しながらコマンドの理解を深め実行性を向上させましょう。

短い距離で構いませんので必ず実行させる事の繰り返しが、とても大切です。1度のコマンドで呼び戻す為には、この段階のトレーニングの安定したコマンドの実行がステップアップでも効果を発揮します。

レトリーブ能力の高いアメリちゃんですので、遊びも飼い主さんは全力で対応する必要があります。アメリちゃんにだけ、必ず何かを要求し実行させる事だけではなく、飼い主さんのお仕事として全力で遊ぶ事です。

「Take」も飼い主さんとの遊びが楽しくないと、戻りませんし引っ張りっこを拒否したり逃避したりもします。全てのトレーニングは繋がっていますので、繋がりを断ち切らないように一貫した対応を考えましょう。

前回のレッスンでも実践してもらいましたが、俊敏に動く犬ほど静かに休む事でメリハリができます。

「リラックス」のコマンドも理解できていますし、このコマンドで後脚を崩してゆったりと休む事を必ず設けるようにして「ONとOFF」を明確にしてみて下さい。再スタートの際のアテンションへの反応や飼い主さんからの許可のコマンドなどのトレーニングには良い機会にもなります。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン

  2. P/L:マー君&ゲイリー君。

  3. P/L:獅子君。

  4. P/L:プーちゃん。

  5. P/L:ゲイリー君。

  6. P/L:アメリーちゃん。

  7. 飯能日高消防山岳救助隊・埼玉県警・DRDN連携活動合同訓練

  8. P/L:メアリーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031