P/L:トナ君。

今朝のトナ君のレッスンは、オビディエンスの強化トレーニングです。前回のMONTANAでのレッスンでは、脚側停座の集中の持続と指導手の視線の改善などに取組んでもらっていますが、課目のトレーニング以外の日常でのアイコンタクトを強化する事で更に安定してきますので取り入れてみてください。

紐付き脚側行進での脚側停座から脚側行進もアイコンタクトしたままで移動できるようになってきました。これは、非常に安定していますので環境刺激が加わっても「ついて」のコマンドで同じような反応でスタートできるようにしましょう。

紐なし脚側行進でも、紐付きと同等の集中力と脚側行進への移行ができています。右側の画像は、指導手の1歩目に対して、トナ君の1歩目の踏み出しが始まる瞬間ですが、この時点でアイコンタクトができている事が大切です。今日のレッスンでは、視符を出しながら確実に実践して頂きましたが、紐付きでも紐なしでも殆ど、差が出ていない事は大きな成長です。次は、距離を延ばしていくことがステップアップですので基礎を安定させながら焦らずに進めていきましょう。

現在の課題は、伏臥の実行速度と立止の実行性です。伏臥は、コマンドが出てから実行までに時間がかかりすぎますので、瞬間的な素早い伏臥は求めませんが、最低でも2段階で伏臥の姿勢に達するようにトレーニングをして下さい。立止に関しては、前回よりもサポートに対しての反応が出てきました。

どの課目も、脚側停座が真っ直ぐである事が基礎となりますので、脚側停座を常に意識しながらトレーニングを継続していきましょう。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン

  2. P/L:モコちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:アレックスちゃん。

  5. with sarada 111th Yokohama-School。

  6. with sarada 139th Yokohama-School

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. with sarada Lodging training in MON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31