P/L:パコ君。

今朝のパコ君のレッスンは、前回のレッスンの復習とステップアップトレーニングです。課題の予呼び戻しは引き続き強化しなければいけませんが、飼い主さんへの意識を高める為に、アイコンタクトの強化は欠かせません。飼い主さんを意識してコマンドを待つ姿勢が集中力とコマンドの実行性を高めます。

「待て」のトレーニングは、誘惑刺激の強い公園では、中々飼い主さんを見続けることが出来ませんが、短い距離で集中できていることを誉めて「待て」の意味を理解させましょう。

集中力が維持できる「待て」が本来の「待て」ですので、あまり距離だけを延ばすのではなく時間を延ばしていけるようにしてください。

ヒールポジションでの脚側停座も歩行も、シッカリと飼い主さんへのアイコンタクトを維持して歩けることを目標にします。しかし、誘惑刺激が強くなると、アイコンタクトの頻度は落ちますが、それでも飼い主さんへの意識を常に持っているのかどうか?で次のステップへの移行に差が出ます。呼び戻しに関しても、前回よりも反応が良くなっていますので、呼び戻し後はヒールポジションで脚側停座をさせるルールにしていきましょう。

ここ最近は、またプライベートレッスンを継続していることで、飼い主さんの気持ちの変化や日常のルールの見直しなどで、パコ君の動きや反応にも変化が表れてくるようになってきました。あくまでも犬の変化は、飼い主さんから与えられる影響が非常に大きいですから、飼い主さんの責任においてパコちゃんの今後の成長を引出せるように努力をして見ましょう。前回もお話しましたが、パピー期からのトレーニングで基本的なコマンドの理解は進んでいます。特に、アイコンタクトの強さはパコ君の気持ちの変化を表しています。しかし、急激に改善するわけではありませんので根気強く進めて下さい。


関連記事

  1. C/L:ルーク君。

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. P/L:ドンタ君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:獅子君。

  6. with sarada 119th Yokohama-School

  7. P/L:アメリちゃん。

  8. 東京防災展2018

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31