P/L:ウィル君。

今朝のウィル君のレッスンは、オビディエンストレーニングです。強化ポイントをいくつかに絞ってトレーニングを行いました。

紐付き脚側行進では、ヒールのコマンドのあとの誉め言葉が、ヒールとセットになっていますので、スタート直後に誉め言葉をかけずに数歩でいいですから正しい脚側行進ができたら誉めるように指導手の習慣の改善をしていきましょう。今までの習慣で動きを覚えている傾向が見られますので、指導手から誉め言葉がないと集中力や意欲が低下してしまう傾向がありますのでトレーニングをしてみて下さい。

紐なし脚側行進も同じように声がけが多過ぎてしまう事で、将来的にステップアップを考えた段階で、その声がけが無い事で集中や意欲が持続できない要因にもなりますので短い距離で正しく集中した脚側行進をさせて誉めるようにして下さい。紐付きよりも紐無しの方が表現力のある脚側行進になりますが、ポジションが不安定な場面が多いですから正しいポジションは紐付きでシッカリと教えていきましょう。課目終了時のターンしてからの脚側停座のポジションもスムーズにスタートした脚側停座の位置に戻れるようにトレーニングをしてみて下さい。

最近はボールを使っても以前のように鼻鳴きや要求吠えでボールをせがむ行動が出なくなり集中力が出ていますので、遊びの中にも少しずつ無理の無い程度にコマンドのトレーニングを導入してみてください。特にボール遊びの場合、投げたと同時に取りに行くことが一般的ですが、物品持来を想定して、ヒールポジションで「待て」をさせて投げたボールが止まるまで確認させます。その後、ウィル君がアイコンタクトをしたら「Take」でレトリーブさせましょう。次の段階は、ボールを咥えたままヒールポジションに戻れることを段階的にトレーニングをすると完成されますので楽しみながら進めてみて下さい。


関連記事

  1. Trailing Dog グループレッスン。

  2. トレーリンググループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. 広島県消防学校救助科特別授業

  5. P/L:そら君。

  6. with sarada 136th Yokohama-School

  7. P/L:パコ君。

  8. with sarada Lodging training in MON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930