P/L:ルカ君&ハナちゃん&ピュレちゃん。

今日は、まずルカ君のお散歩トレーニングやコマンドの基礎トレーニングと現状の確認です。

お散歩に関しては、ご家族の中でも一定のルールで行わないと動きがバラバラになってしまいます。ですから、お散歩のスタイルをご家族全員で共有しながら進めていきましょう。現在は、月齢に伴い体重も増えてパワーもついてきていますので、制御する事だけを考えると環境刺激に反応し、瞬間的な強い引きで怪我などにもつながりますので、一緒に歩けていることを誉めて、正しいポジションを理解させて下さい。特に他の犬に対しての好奇心が強く、引きも強くなります。現在トレーニングをしている「ヒール」のコマンドを使いたいところですが、あくまでも刺激の無い場所でトレーニングをしている段階ですので強い刺激の中では実行性が低くなり、折角トレーニングをしているコマンドが無視される要因にもなりますので使用せずに、「ゆっくり」のコマンドで飼い主さんの歩調に合わせられることが理想です。しかし、刺激が強いと中々難しい動きですので繰り返しトレーニングをしていきましょう。「座れ」で一旦停止させることも1つの選択肢です。

ヒールポジションのポジショニングも、もう少し精度を高く教えていくようにしましょう。これはポジションへの誘導を丁寧に行うことで改善できますので、正しいポジションを理解してからステップアップして下さい。PULLERを使っての遊びは、大好きのようですので自由運動を含めてコミュニケーションの時間を作れるようにしましょう。

ハナちゃんとピュレちゃんに関しては、お散歩へのスタートの際の興奮が非常に高いようです。高いままでマンション内を移動すると吠えている状態が継続されますので、室内でシッカリと落ち着かせてからスタートして下さい。2頭共に、理解は出来ていますが、ルカ君と同様にご家族でのルールの統一が出来ていないことでご家族のコマンドを無視して自分の好きなことを実践できている状態です。課題の1つである他の犬への吠えに関しても、対応を一貫して行うことで一定の改善は見られますので諦めずに取組んでみて下さい。

お散歩の引きに関しても、2頭で先を争うようにすると引きが強くなります。室内でのパックの中での権威争いも出てきているようですので、状況を見ながら適切な飼い主さんの介入を行い、安定したパックにしていきましょう。できれば、1頭ずつのお散歩をしながらスタイルを確立していけるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:獅子君。

  2. P/L:ひすいちゃん。

  3. with sarada 13th Kansai-School

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:ぼたんちゃん。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:タンゴ君。

  8. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930