P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

今日の権三君&一二三ちゃん&零ちゃんのレッスンは、前回に引き続きそれぞれの課題やレベルに合わせた「座れ」・「待て」・「伏せ」・「ついて」などのコマンドの基礎トレーニングです。

一二三ちゃんは、真っ直ぐに座るという動きの修正に取組んでいます。後脚が崩れてしまう癖は、パピーの頃から傾向が見られていましたが、そのままで成長していますので真っ直ぐ座るという認識よりも崩して座る事が常になっています。トリーツで誘導しながら、どの姿勢でもらえたのか?を考えさせながら修正していきましょう。座れが崩れてしまうことから伏せの姿勢も崩れてしまいますが、修正トレーニングで飼い主さんが意識して行うと正しい姿勢になれますので、普段から気にしながら改善していきましょう。「待て」は、あくまでも飼い主さんが離れても指示された場所を動かずに飼い主さんに集中していることですので「座れ」とは意味を区分しましょう。


零ちゃんは、一二三ちゃん程ではないですが、同じように後脚の崩れが出てきていますので今の段階から改善していきましょう。「座れ」のコマンドでトリーツに飛びついて食べる行動は修正して、座り続けることを理解させるようにトリーツの頻度を考えて下さい。同じように「伏せ」は、姿勢の維持が充分に出来ませんので伏せ続ける事をトリーツの頻度を活用して理解を深めて下さい。「待て」に関しては、前回のレッスンの時よりも不安定です。距離と時間を少しずつでも延ばせるようにトレーニングをして下さい。このトレーニングは、とにかく動かないという事を繰り返し教えていく必要がありますので、トレーニングの最中には「待て」のコマンド以外を使わずにして下さい。アテンションが入りやすくなっていますので、アテンションコマンドを「待て」のコマンドと組み合わせてしまうと現段階では動きやすくなりますので「待て」のコマンドのみでトレーニングをして下さい。


権三君は、基本的なコマンドの姿勢は安定していますので、更にステップアップをする為の姿勢のシェイピングを行いました。「座れ」「伏せ」「待て」「ついて」の連続コマンドと「ついて」の脚側停座の精度を向上させるために、飼い主さんの権三君の動きの誘導のさせ方を実践トレーニングをしました。「ついて」の歩行に関しては、飼い主さんが先行してしまい、途中で権三君が着いてきて誉められていますので、理想的な動きとしては、飼い主さんの動きに同時に動き出す事ですので、タイミングを合わせやすいように飼い主さんの視符を活用して「ついて」のコマンドを強化していきましょう。



関連記事

  1. P/L:クーちゃん。

  2. P/L:リンゴスターちゃん。

  3. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:巴ちゃん。

  7. ノーズワークSummer Class in Ven!

  8. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031