P/L:ルカ君&ハナちゃん。

今日の2頭のレッスンは、夜間のお散歩とコマンドの実行性を高める為の方法や刺激に対しての対処などのトレーニングです。

4ヶ月を過ぎ色々な事に興味を持ち好奇心旺盛さが、また一段階アップしてきたルカ君。第三者や他の犬にも飛びついていこうとしますので飼い主さんのお散歩も大変になります。特に刺激の中でもコマンドの実行性が低下しますので、刺激の少ない環境では確実に実行させる習慣を作りましょう。

お散歩に出る際の玄関前やマンションのエントラスなどでのお座りも、必ずアイコンタクトが条件です。そしてパターン化せずに飼い主さんの許可を待つように工夫して下さい。お散歩のスタートも終わりも同じように実行させて下さい。

臭い嗅ぎや刺激に対してのふらつきがありますが、正しいポジションを考えさせることでルカ君が選択します。あまり必要以上の声がけやコマンドの連呼は飼い主さんの声やアテンションへの反応を低下させますので注意して下さい。

横断歩道の前のお座りは「ヒール」のポジションを教えながら進めてみましょう。お散歩のポジションは、あまりタイトな教え方は、現段階では必要ありませんが、ルカ君がポジションにする動きは良く誉めて下さい。現在は誉め言葉がトリーツの出る合図や解除の合図になっていますので、あまりトリーツに頼らずに誉めて姿勢の維持が出来るようにして下さい。

ハナちゃんは、室内での吠えに関しても禁止コマンドの理解が少し進んでいるようです。屋外に出ると、テリトリーではありませんので吠える行動は極端に減ります。お散歩は、色々な刺激に対しての反応が強いことや警戒心から引きが強いですが、飼い主さんが主体となるお散歩を実践していけば落ち着いたお散歩も可能です。

屋外でのお座りも中々実行できませんが、確実に飼い主さんが実践させようと思えば確実にできるようになります。お散歩で一緒に歩く際のトリーツよりも、このように苦手な事が出来たことに対しての報酬の方が大切です。屋外で、ロングリードを使いながら呼び戻しのトレーニングを兼ねた自由運動をさせましたが、呼び戻しもシンプルなコマンド実践させてご褒美を使う場合は、一度のご褒美で終わらせずに連続的に与えられるようにして、お座りの姿勢を維持させましょう。室内でも、色々なコマンドを1頭ずつトレーニングをする事が屋外での成長につながりますので丁寧に考えていきましょう。

関連記事

  1. P/L:いちごちゃん。

  2. P/L:ぼたんちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  5. ノーズワークSummer Class in Ven!

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:メアリーちゃん。

  8. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30