P/L:ぼたんちゃん。

今日のぼたんちゃんのレッスンは、前回のレッスン以降の変化と、その変化に対しての飼い主さんの対応についてのトレーニングを行いました。

前回のレッスンでは、今までのぼたんちゃん主体の関係を改善する為に飼い主さんがイニシャチブを取れるように日常生活から見直して頂いています。しかし今までの生活の習慣を短時間で改善する事は中々難しいですから、抵抗感も強くなりますので根気強く進めていきましょう。

抵抗感と言っても攻撃的になることではなくコマンドに対して無視をする不服従の行動です。この行動に対して、コマンドを実行させようと気を回しすぎてしまうと、今までの無意識の飼い主さんの癖であるコマンドの結果の前に手がポケットのトリーツを掴みにいく動きがぼたんちゃんの全てのキューサインになっています。手が動くか?動かないか?でコマンドに従うか?従わないか?の判断材料になっていますので、このぼたんちゃんの判断基準と飼い主さんの無意識の癖が改善されてこないと本来のコマンドでの報酬としてのトリーツの役割や誉め言葉を伝えるという役割に到達できませんので意識的な動作を心がけて下さい。また、ぼたんちゃんが無視をする際に、視線も飼い主さんから外しますので、その際に、飼い主さんがぼたんちゃんが向いている方向に動くのではなく、その場から2~3歩後に下がりながら、ぼたんちゃんを呼び寄せて飼い主さんの正面にお座りをさせるようにしていきましょう。

トレーニングの課題は「呼び戻し」の強化でしたが、基本的なコマンドやアテンションの強化から取組んでいます。今日は、既に理解している「ついて」のコマンドもトリーツの誘導ではなく、ぼたんちゃんがコマンドを理解して正しいポジションで歩いてから報酬が出てくるようにトレーニングを行いました。

このトレーニングも、トリーツが出てくるタイミングや位置でぼたんちゃんのポジションも変わりますので決められたルールを飼い主さんが理解して正しい動きを教えてください。現在は、長い距離の歩行は難しいですから短い距離で確実に教えて下さい。アテンションとアイコンタクトも手を動かさずにぼたんちゃんのアイコンタクトの時間を延ばせるようにトレーニングをしてみて下さい。これからの時期は気温も湿度も高くなりますので、ぼたんちゃんの体調管理をしながら短い時間で中身の濃いトレーニングを考えましょう。

関連記事

  1. P/L:Mike君

  2. P/L:モコちゃん。

  3. P/L:スフレちゃん。

  4. P/L:龍牙君。

  5. P/L:パルフェ君。

  6. P/L:獅子君。

  7. トレーリンググループレッスン

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031