P/L:ローキーちゃん。

今日のローキーちゃんのレッスンは、呼び戻しの課題も含めた中の関連した改善点についてのチェックと実践トレーニングです。

|飼い主さんの気持ち次第

お散歩でのローキーちゃんの動きと飼い主さんが伝えたい理想的な動きには、少しギャップがあるようです。これは以前からお話していますが、コマンドの理解を深める為に行わなければいけないフィードバックが、その時々で一貫性がなく歩く速度や方向性もローキーちゃんの動きに合わせてしまっています。

地面の性質が変わると臭いへの反応も変わりますが、飼い主さんの気持ちが安定して一貫性があれば、動きに変化は少なくなります。正しいポジションで歩いている時に誉める事も少なくなっていますので改善していきましょう。また誉める事がトリーツの出るキューサインになっていますので、正しい行動を持続している際に与えられるのが誉め言葉であり報酬のトリーツですので、与えるタイミングを安易に考えてしまうと誉め言葉=トリーツの出る合図→トリーツが出る=コマンドの自主解除という全ての判断がローキーちゃんに委ねられる一連の流れになりますので肝心な時のコマンドの実行性は低下してしまいます。

|アイコンタクトを大切に使う

全体的な動きのイニシャチブをローキーちゃんに奪われた状態になると飼い主さんへの意識は希薄になりますので引きも強くなりますしコマンドの実行性も低下します。コマンドは、あくまでも行動のスタートですが、どこまで、その行動を持続するのか?を飼い主さんが判断し解除してあげる事を再確認してください。

左の画像と右の画像の違いは見ての通りです。リードを外してコマンドのトレーニングをしようとする際の一瞬ですが、左の画像は、リードが外されることが解除になるか、外してからどちらに走ろうか?などの先のことをローキーちゃんが先読みをしていますので解除のコマンドを待つという気持ちが存在しません。少し改善して、アイコンタクトをした状態でリードを外し解除のコマンドはアイコンタクトの時間を長くして飼い主さんに集中してからランダムなタイミングで解除する事を飼い主さんが意識したのが右側の画像です。常に飼い主さんを意識しアイコンタクトをすることを大切に使い、飼い主さんが意識して実践することで関係性も更に深まります。

|呼びの基礎トレーニング

誘惑刺激のない状態であれば、一定のレンジの中で動くだけでコマンドに対しての反応や実行性も高まってきています。

しかし、誘惑刺激が加わると非常に危うい実行性になりますので、刺激レベルを徐々に上げながらでも確実な実行性を求める事ができるような基礎トレーニングを組み立てて行うようにしましょう。

関連記事

  1. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. P/L:ドンタ君。

  5. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  6. 謹賀新年

  7. 雪山捜索救助連携訓練。

  8. ノーズワークグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031