オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、たんぽぽちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんです。

リンゴスターちゃんは、前回のレッスンよりも集中力がない分、指導手の動きにもスムーズさがなくなっていました。指導手の動きを一定にすることは以前から指摘させて頂いていますが、トレーニングの段階からのイメージ作りが大切ですので、指導手の動きを注意して進めてください。脚側行進中の誉めの強化に関しては、以前よりも指導手の誉め方が上手になっていますし、気持ちが伝わってきています。伏臥のコマンドに対しての反応速度も少し低下していますので強化しましょう。立止は、今後も繰り返しトレーニングをしてみて下さい。


たんぽぽちゃんは、脚側行進のポジションの修正を行いながら、指導手の動きをスムーズにできるように分解トレーニングを行ないました。このトレーニングで必要なのは、とにかく丁寧に考えながら行なうことと、トレーニングでたんぽぽちゃんの意識が、どの程度変化し改善できてきているか?の確認が必要です。ほんの少しの手の位置や、報酬が出る場所の違いによっても、小型犬のたんぽぽちゃんから見た位置は、とても大きく違ってきますので注意を払いながら進めてください。脚側停座の位置の修正も同じことが言えますので脚側行進のポジションのズレは比例します。立止の課題に関しては、リズミカルに楽しく教えてみて下さい。少しプレッシャーが掛かっているようです。


ブルース君は、前回のレッスンの一番難易度の高い内容を、選択してしまいますので、ブルース君の集中は低いままで進められます。これでは、前回のレッスンの意味がなくなりますので、必ず基礎レベルを確認しながら、そこからのステップアップが、どの程度、早くなっているか?などの反応から理解度を確認していくようにして下さい。脚側行進から脚側停座への移行の動きに関しても、指導手の手の動きにトレーニングのポイントが隠されいますので、 誘導する場面では シッカリとブルース君の動きが正しく動くようにしてあげましょう。

関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん。

  2. P/L:いちごちゃん。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:いちごちゃん。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:花音ちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. with sarada 117th Yokohama-School(ク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031