P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

今日のもぐろふくぞう君&ケンタウルス君のレッスンは、チャイムに対する吠えの改善状況とお散歩トレーニングです。
チャイムに対しての吠えは、以前のようなむやみやたらな吠えではなくなり、飼い主さんの注意に対しても従えるようになってきました。ですから、訪問者が来た際の反応で飼い主さんがコマンド出せるようになった事は、改善の大きな1歩です。
お散歩トレーニングに関しては、現在、決められたルールがない為に、2頭が引いていく方向に飼い主さんが着いていくスタイルですので、2頭の意識は飼い主さんには向かなくなっています、その状態で、他の犬に会うと♂犬としてのテリトリー意識の反応で吠えてしまう事が多く、この場合は、チャイムのケースとは違い、飼い主さんの忠告は耳には届きません。
その理由は、先程のお散歩のスタイルにあり、飼い主さんが実質的なリーダーシップを発揮できていない為です。まずは、最低限のお散歩のルールの基本として、犬の進む方向に着いて行かずに、自分の進むラインを決めて、進んでいくようにしてみましょう。当然、リードは張りますが、無言でリードでコントロールをしておき、犬が自分の行きたい方向に行けずに飼い主さんの傍で歩き始めたら誉めてトリーツをあげるようにして、お散歩の際に歩くポジションを理解させてみて下さい。そして、飼い主さんが任意の場所で、解除のコマンド「いいよ」や「OK」などで臭い嗅ぎをさせるようにお散歩全体のルールを決めてみましょう。
最初は、今までの習慣から、少し窮屈なお散歩のように感じられるかもしれませんが、そのルールを習慣にすればストレスが無くなり、そのスタイルが当たり前になりますし、アイコンタクトも多くなります。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. 第4回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  2. P/L:ぼたんちゃん。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

  5. P/L:凜ちゃん。

  6. ノーズワークグループレッスン。

  7. 清水丘公園マナーアップスクール・プレ開催

  8. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031