P/L:パルフェ君。

今日のパルフェ君のレッスンは、前回レッスンから少し時間が空きましたので、当初の課題であったオフィス内に入ってくる人への吠えの改善状況や、パルフェ君自身の気持ちの変化などを確認させて頂きました。
またお散歩の引き癖などの動きも少し強くなっているようでしたので「ついて」のコマンドの実行性やステップアップの方法実践トレーニングしました。

吠えに関しては、連続的に吠える事は無いものの我慢ができなくなってきている状況で、以前の状態に戻ろうとしている傾向が見られます。禁止コマンドも無駄に使いすぎてしまうと意味が無くなりますので状況を判断して適切に使うようにしましょう。
また吠える前の事前反応や事前行動を見逃してしまい、吠える行動に至ってから対処する事は改善にはつながりませんので良く観察してみて下さい。
既にパルフェ君自身の中では、吠えないようにしようする気持ちは芽生えていますが、飼い主さんの対応に一貫性がない為にパルフェ君に先手を打たれています。空気を読むのはとても得意ですから、冷静に対応できるようにしてみて下さい。

「ついて」のヒールポジションは、正しいポジションに居る事を誉めて一緒に歩けている時間を誉めながら延ばしください。トリーツの使い方を間違えると、ポジションに着く事でもらえて、食べると、すぐに前へ出てしまう行動が繰り返されます。
あくまでも、コマンドを持続的に実行できている事を誉めて評価し報酬を与えるように考えて下さい。
「ゆっくり歩く」のトレーニングは「ついて」とは違い、コマンドを出さずにリードのコントロールだけで一定の範囲を理解させて、その範囲内で歩けている事を誉めて下さい。無条件の臭い嗅ぎなどもコントロールし、一時的に許可制にする事で飼い主さんへの意識も強くなりますし、解除のコマンドも理解できるようになります。リードでの指示の出し方も、パルフェ君に伝わるように明確にフィードバックする事が大切です。

関連記事

  1. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  2. P/L:ブルース君。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:スフレちゃん。

  5. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  6. P/L:ライス君。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031