P/L:シェリーちゃん

今日のシェリーちゃんのレッスンはお散歩トレーニングです。現状のお散歩のスタイルや課題を見させて頂きながら対応についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

前回のレッスンで宿題にさせて頂いた「ハウス」のコマンドでのゲージやクレートへの待機の理解については、飼い主さんの努力で随分、自発的に入れるようになりクレートの中でもくつろげるようになっているようです。

今後は、長い時間でもクレート内で待機ができるように繰り返しトレーニングをしていきましょう。また車にクレートを積載した状態での「ハウス」への理解も進めて下さい。

お散歩に関しては、現在の状況はシェリーちゃんの進みたい方向に飼い主さんが着いて行くスタイルですので、シェリーちゃんがストライキをすると、中々進むことが出来なくなる場合もあるようです。

以前は、飼い主さんの横について歩くトレーニングを少し行っていたようですが、トリーツに対しての反応が弱くなった事などから継続しなくなり、現状のお散歩のスタイルに落ち着いているようです。

今回は、正しく飼い主さんの横について歩けるように飼い主さん側のテクニックを身につけて頂き「つけ」のコマンドでヒールポジションのトレーニングを行いました。

お二人とも、コツを掴むと上手にヒールポジションを維持できていましたので、今後も楽しく進めて下さい。このトレーニングは、最初の導入段階では、トリーツの頻度を上げても構いませんが、ステップアップを上手に行いながら、誉める頻度を上げてトリーツの頻度を下げていくように取り組んでください。

ストライキの行動に対しての対応は、とてもシンプルなんですが、ニンゲン側の感覚とシェリーちゃんの感覚の違いが改善に辿り着けない要因です。

ニンゲン側は、動いてほしいからトリーツで誘導して動かそうとしますが、シェリーちゃんはストライキをするとトリーツが出てくることを学んでいますので、一緒に歩くとトリーツが出てくるという学習に変換してあげて下さい。

日常では、飼い主さんに抵抗感を見せる場面も出てきているようですので、誉める機会を増やす事をベースとして飼い主さんの気持ちを明確に伝えられるようにしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:バロン君

  2. C/L:つぶらちゃん

  3. P/L:レティちゃん&龍君

  4. P/L:サニー君。

  5. P/L:パコ君

  6. P/L:ルーク君

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. with sarada 146th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930