P/L:プリモ君

今日のプリモ君のレッスンは、遊びを通しての呼び戻しの「Come」の実行性を高めるトレーニングや、他の犬とのすれ違いのシミュレーションと解除のコマンドの習慣についてトレーニングを行いました。

ロープなどでの引っ張りっっこ遊びでは、「Come」には反応してくれますが、ボールになると中々反応が弱く実行性が低下します。ご自宅での遊びの中でのコマンドの乱用や無視をさせる事を繰り返すと、どこでも同じように無視をしますので、どこで出しても同じように実行させるようにしていきましょう。

他の犬に対しての友好性が高い分、遊びたがりですのですれ違いの際の安定感がなくなります。お散歩の動き方にも工夫は必要ですが、飼い主さんがシッカリとコマンドを出して実行させて誉めるようにしていきましょう。

通過する側でも待つ側でも、本来は飼い主さんに意識が向くようにする事が理想ですが、飼い主さんよりも刺激に対しての注視が目立ちます。

ただ、「Stay」に関しては、刺激の中でも実行性は高く安定しています。これは、飼い主さんに対しての意識が安定している為ですので今後も維持をしてください。遊びを「OK」させる際の、解除の場面では、「リードを外す」=「解除」になりがちです。「Stay」で行動を止めている場合は、リードが着いていても着いていなくても動かずに飼い主さんのアイコンタクトをしている状態を作れるようにしましょう。この状態ができていれば、アイコンタクトをしているプリモ君に「OK」のコマンドは出しやすくなります。

そして、この遊びの中からも「Come」で呼び戻しが100%できるようにトレーニングを進めていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:マーク君

  4. 第1回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  5. C/L:ルーク君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:トナ君。

  8. お知らせ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930