P/L:麦ちゃん&バブルちゃん

今日の麦ちゃん&バブルちゃんのレッスンは、FIELDでの自由運動と基礎トレーニングです。それぞれの課題に対してのトレーニングを行いました。

前回のカウンセリングでは、屋外での他の犬に対して反応などへの対応についてお話しさせて頂きながら将来を考えた場合の、基本的なコマンドへの実行性を高めるトレーニングが必要な事については飼い主さんもご理解頂いたようです。

4か月を過ぎて今までとは行動や反応が変わりつつあるバブルちゃん。飼い主さんとの関係性を構築する上で、大切な時期ですので成長と共に対応を考えながら進めていきましょう。先住犬として自分の立場をシッカリとバブルちゃんに示している麦ちゃん。飼い主さんとの今までの時間の中で、もう少し対応を考えながら更に良い方向に導けるように飼い主さん自身の意識改革が必要ですし、超大型犬2頭をコントロールする上での知識と技術を身に着けていきましょう。


麦ちゃんの前回のレッスンで行った「ついて」で飼い主さんの傍に座る姿勢と飼い主さんと同調して歩行の動きのトレーニングに関しては、出来る限る左側に着ける意識でトレーニングを考えた方が将来的に安全です。

どうしてもパワーがある為に、飼い主さんが引っ張られてしまいがちですが、麦ちゃんの動きの先を読みながら麦ちゃんの引く力に対抗できるようなしていきましょう。特にコマンドのトレーニングは、最終的な形だけを求めると、コマンドを出している飼い主さんが動いてしまい、さも出来ているように繕って終わらせる傾向があります。この動きをしてしまうと本来のコマンドの意味は無くなりますし、肝心な時にはコマンドを実行してくれません。根気強く丁寧に教えていきましょう。麦ちゃんに従う気持ちが芽生えると必然的に飼い主さんにアイコンタクトして見上げるようになります。


バブルちゃんは、まずはアテンションコマンドに対しての反応を強化していきましょう。そして飼い主さんへのアイコンタクトの強化は今後も継続していく必要があります。

トリーツを与える方向性を一定にすれば、アテンションだけでお座りの姿勢を維持できます。前回のレッスンで行った「ついて」のコマンドは、横に着いて歩くことを理解し始めていますので、飼い主さんの横のポジションが大好きになるようにイメージを強化してください。将来は、2頭を左側でお散歩できるようにしていけるようにトレーニングをしていきましょう。

2頭でお座りで「待て」で待てるようにトレーニングをすることも大事です。動きやすいタイプですので「止まる」という認識を高めていきましょう。「待て」は、止まるだけではなくアイコンタクトの維持が基本です。これからも頑張っていきましょう。


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスンー Trainer Class ー

  2. P/L:ウィル君。

  3. P/L:ヴィオラちゃん

  4. P/L:アメリちゃん

  5. P/L:龍牙君。

  6. P/L:マーク君。

  7. P/L:花音ちゃん。

  8. P/L:ブルース君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031