P/L:麦ちゃん

今日の麦ちゃんのレッスンは、現状の確認とお散歩トレーニングです。呼び戻しに関しては、トレーニングを設定すると報酬を獲得することを想定して反応してくれますが、それ以外の飼い主さんからの呼びのコマンドには、反応せず無視をしてしまう状況が見られます。

お散歩の動きの中にも臭い嗅ぎが頻繁で、その臭い嗅ぎをコントロールできていませんので拾い食いに発展します。拾い食いが改善されない要因には、飼い主さんからの声掛け「何食べたの!」の声をスイッチに犬を追いかけて口の中のモノを取り除く行為が、犬にはゲーム感覚となり強化されることが多く、麦ちゃんのケースも正に、その要因で飼い主さんが近づくと捕まらないように逃げようとします。この段階で「おいで」で呼んだとしてもコマンドに従うという期待感は裏切られますのでコマンドの基礎的なトレーニングと共に、コマンドに対しての悪いイメージを植え付けないようにしていきましょう。

臭い嗅ぎをしてよい区間と臭い嗅ぎをさせない区間のコントロールが必要ですが、一旦臭い嗅ぎをさせてしまうと、そこから臭い嗅ぎをさせないようにするスイッチへの切り換えが難しい状態です。また、風に飛ばされる落ち葉に反応して追いかける反応が見られます。これは今日のレッスンで改善しましたが、放置すると車道に飛び出したり危険を伴いますので注意してください。

「お座り」や「伏せ」など現在理解しているコマンドの出し方や誉め方などを確認させて頂きましたが、飼い主さんが立っている場所に麦ちゃんが来てコマンドに従うという基本的なスタートができす、飼い主さんが麦ちゃんのいる場所に移動してコマンドを出すスタイルになっていますので改善していきましょう。

このトレーニングも、トレーニングとしては反応してくれますが、日常の時間の中で「お座り」というコマンドに対しての反応は、ほぼ無視をされます。これは、トリーツでの取り引きとしてのやり取りでトレーニングを進めているからですのでトリーツを見せずに行いながら、まずはシッカリと誉めるようにしていきましょう。

自分が気になるモノが目の前にあると、飼い主さんからのコマンドは無視してしまいますので、何度コマンドを出してもフリーズの状態で、トリーツが出るのを待つようになります。室内だけではなく、屋外で現在の理解しているコマンドを確実にできるようにトレーニングをしてみてください。


関連記事

  1. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:ブランシュちゃん。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. トレーリンググループレッスン。

  6. P/L:こじろうちゃん

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. P/L:ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930