P/L:マグ君

今日のマグ君のレッスンは、FIELDでの課題についての改善トレーニングや新しいコマンドの導入トレーニング。そして、ラブラドールらしく泳げるようになる為のスイミングトレーニングです。

興奮すると飛びつきやジャレ噛みが常習化しているよですので、興奮時のコマンドの出し方や抑え方などについて、飼い主さん側が感情的にならずに、冷静かつ強いエネルギーで対応できるようにしていくことも必要です。ただ、興奮させる前に、適切なタイミングで停座の強化を行い、対立行動分化強化により行動を置き換えていくことも適切な対応です。

基本的なコマンドの理解はできていますが、コマンドを持続させることを教えていませんので今後の成長に伴いステップアップしていきましょう。「座れ」のコマンドは座ることだけではなく「座り続ける事」がコマンドの意味です。「伏せ」も「伏せ続ける」事と教えていきましょう。

では、いつまで姿勢を維持し続けるのか?「解除のコマンド」が出るまでです。この一連のコマンドの意味を理解させることで動きたがりのタイプのマグ君には、「静と動」「ONとOFF」が明確に理解できるようになります。

また、飼い主さん側からすると「大人しくしていてほしい」という願望が強すぎる為に、全ての動きを止めようとしますので、ストレスが溜まり易くなります。必ずエネルギーの発散は必要ですし現在の月齢は、そのエネルギー発散のやり場がないことでリード噛んだり、破壊行動や飛びつきジャレ噛みなどの課題に結びつきますので適切な運動を与えるにしながら、その運動を兼ねた遊びの中からもコマンドのトレーニング結び付けていきましょう。

ボールでのレトリーブも、ニンゲン側の判断で始めて、マグ君が飽きる前に終わらせるようにして下さい。咥えたボールを離させる場合もシッカリと「ヤメ」のコマンドで離させ、離したらボールを投げるルールを理解させます。投げる前に「座れ」で座らせることなどをバリエーションに組み込むことで、遊びの幅も広がります。

前回は、飼い主さんにプールに落とされてしまった経験から、少し印象が悪かったようですが、今日のスイミングトレーニングで泳ぐ意識は少し芽生えてきたようです。あと何度か経験させるとラブラドールらしい泳ぎができるかもしれませんね。楽しみです。

頭と体を使い充実し時間を過ごしたことが表情にも表れていました。少し運動を与えてダイエットもしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ハル君

  3. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  4. P/L:Mike君。

  5. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. C/L:小豆ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031