P/L:マグ君

今日のマグ君のレッスンは、前回のお散歩レッスン以降の状況の確認と、FIRELDの初めての環境下での適応能力や飼い主さんへのコマンドへの反応などを確認させて頂きました。またプールにもチャレンジして頂きましたが、少し時間を掛けながら進めていきましょう。

前回のレッスン以降、お散歩の引き癖や他の犬への反応に関しては落ち着いているようですし飼い主さんも自信を持って対応できているようです。今日はFIELDで初めての環境で初めて会う犬に対して飼い主さんがコントロールをしながら歩くことができるかどうか?などをポイントトレーニングで行いました。

時計回りで回るよりも反時計回りの方がトレーニングのレベルとして高くなりますので飼い主さんのコマンドに対しての実行性がポイントとなります。この際に、トリーツで釣る方法を行うといつまでもトリーツを排除できなくなりますので、相手の犬を無視して通過できたことに対しての報酬としてトリーツを使うようにして下さい。

ランで、他の犬との遊びにテンションが上がると、飼い主さんのコマンドは無視されます。この無視されている状態は、今まで飼い主さんの対応がマグ君主体で行われてきたことが要因になっているためで、マグ君は意図的に無視をしているようです。飼い主さんも呼び寄せる場合に、トリーツを先行して提示し、呼び寄せていますのでトリーツは報酬ではなく賄賂の役割をしています。いつもマグ君との取引状態ですので、コマンドの従うことを習慣にしていく必要があります。

「座れ」や「伏せ」に関しても、その行動を持続し続ける理解になっていませんので、トリーツを先行して釣り餌の状態で姿勢を教えていますので、トリーツを食べると、すぐに解除してしまいます。姿勢を維持し持続するようにトレーニングをしていくことで、「待て」で待ち続けることにもつながります。

飼い主さんは、もう一度この点について理解を深めてトリーツの意味・与え方・タイミング・頻度などを考えていきましょう。

初めてのプールは、水深が深くなると、まだ勇気がありませんので無理に泳がせるようにしないで徐々にステップアップしていく必要があります。特に後ろ足の筋肉が少ないですから、泳ぐうえでの使い方をサポートして教えていくようにしていきましょう。ラブラドールでも教えていないことはできませんので、理解が深まるように教えていくように考えていください。


関連記事

  1. P/L:つゆちゃん

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:パコ君

  4. P/L:ブランシュちゃん。

  5. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. P/L:アメリちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031