オビディエンスグループレッスン

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、ローキーちゃん・たんぽぽちゃん・モモちゃん&レティーちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんの4組6頭です。

ブルース君は、脚側停座の集中時間の維持が出来るようになった分、脚側行進の姿勢の維持時間も延びてきました。しかし、トレーニングの組み立ての中に、引き延ばす事だけを考えてしまうと集中が切れてしまい、失敗させてしまう事の繰り返しになりますので、あまり欲張らずにブルース君の反応を確認しながら進めるべきです。


レティーちゃんは、周りへの散漫な気持ちもありますが、脚側行進の集中している時間が短くなっていますので細分化した引出し方をしていきましょう。指導手も、少し自信のない状態でレティーちゃんとのトレーニングを進めていることで方向性が不安定になっている面も見られます。今日の脚側行進以外の課目は、ほぼパーフェクトですので、脚側停座の集中も含めてまた取組んでいきましょう。


たんぽぽちゃんは、脚側停座のコマンドに対しての実行性が低下してしまう要因がいくつかあります。どんな状況でも、現在のレッスンで行っている基準を下げて 勘違いさせるようなトリーツの使い方でたんぽぽちゃんを動かそうとすると、大きな混乱を招きます。レッスン自体に困惑をさせますし指導手に対しての信頼感が低下しますので今後行なわないように注意して下さい。これを行うと今後の成長は見込めなくなります。


ローキーちゃんは、指導手からのコマンドが習慣化している傾向があります。また視線の位置の安定性を向上させる意味でも、正しい姿勢を誉めて維持する事と下がった時点のコマンドを明確にして下さい。まだ刺激に対しての反応から脚側行進への集中が切れてしまう傾向も見られます。脚側停座のハの字の修正は、少し微妙な位置ですが曲がっていると伏臥の際の動きに表れます。


モモちゃんは指導手との距離間の課題はあるものの、指導手自身の気持ちが安定していますのでモモちゃんの意欲が集中力の維持につながる脚側行進になっています。但し、以前からの課題ですが急に集中が切れてしまい違う臭いなどが気にある場合もありますので今後も強化が必要です。招呼は、フライングなどもありますがバランスを整えていきましょう。暖かくなってきた分、伏臥も意欲的ですし立止も安定してきました。


リンゴスターちゃんの脚側行進の遅れに対しての修正は引き続き必要ですが、徐々に維持距離も延びるようになってきました。コーナーごとの動きも今よりもスムーズに通過できるように指導手の動き方をシッカリと理解してトレーニングに活かして下さい。


関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. P/L:ブルース君。

  3. P/L:凜ちゃん。

  4. P/L:いちごちゃん。

  5. P/L:ぽぽ君。

  6. with sarada 114th Yokohama-School

  7. P/L:ぼたんちゃん。

  8. C/L:ライマちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031