P/L:マー君&ゲイリー君。

今朝のマー君&ゲイリー君のレッスンは、早朝からのお散歩トレーニングとコマンドの理解度の確認などを行いました。

「Come」の完成度を向上させる

「Come」のコマンドの実行性や一連の流れに関しての理解度は、マー君とゲイリー君では少し違いがありますが、「Come」で飼い主さんの元に戻った場合に必ず正面で「Sit」させる関連付けは、以前にもトレーニングをしていますが、まだ完成されていませんので意識的に強化していきましょう。

ゲイリー君は、戻ってきてから必ず時計回りに飼い主さんの周りを周回する癖がありますので、正面でとどめるようにしていきましょう。マー君は、正面の意識がありますが「Come」の実行性が不安定ですので飼い主さんからのコマンドを優先できるようにしていきましょう。

全く誘惑刺激のない環境下であれば、ある程度の実行性はあったとしても誘惑刺激が加わる事で、コマンドの実行性が極端に低下してしまう事は、今後の強化ポイントです。今朝のように、多くの犬と出会う機会がある場合は2頭の視線がどちらに向いているのか?で飼い主さんも事前に判断する必要があります。

知っている犬が来ても飼い主さんのコマンドを優先できるかどうか?を日頃から確認しておきましょう。

 

「Take」のステップアップ

少しずつ「Take」で咥え続ける事ができるようになってきたゲイリー君ですのでPULLERで遊ぶ際も、必ず飼い主さんは姿勢を変えずに、出した手にゲイリー君がPULLERを渡すようにしていきましょう。

将来的にレトリーブしてきたPULLERを飼い主さんの正面で咥えたままSitできるようにしていく事を目標にトレーニングをして下さい。また「OFF」の使い方を間違えると咥え続けようとしている行動を強化できなくなりますので注意が必要です。引っ張りっこで遊ぶ際の「OK」と「OFF」は組み合わせても大丈夫です。

 

クールダウン

先日のモンターニャのプールレッスン以降、水に対しての違和感はなくなりクールダウンには最適なことを知ったゲイリー君はレッスンの終わりの雌伏の時間です。マー君は、少し水に対して恐怖心があるようですので無理をせずに機会を見つけてトライしてみましょう。

水が好きになっても飼い主さんのからの許可が無い限り入ってはいけない事をシッカリと理解できていますので、飼い主さんとの関係性が成長した一面でもあります。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん。

  2. P/L:プーちゃん。

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. P/L:リンゴスターちゃん。

  5. P/L:凜ちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:ぽんず君。

  8. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031