P/L:スフレちゃん。

今日のスフレちゃんのレッスンは、チャイムに対する無駄吠えのコントロールと室内でのアジリティートレーニングの為のハードルのジャンプとトンネルのトレーニングの確認をさせて頂きました。
また写真撮影の際に必要な「お座り」「伏せ」「待て」の基本コマンドのトレーニングの進捗状況とステップアップの方法も合わせて実践して頂きました。

今回はマンションのエントランスのチャイムと玄関のチャイムの2つの条件でも興奮すること無く落ち着いていましたので飼い主さんのコマンドにも実行性があったようです。最近は、お散歩の頻度も高くなっている事もありストレスの軽減も進んでいますので課題の改善にもつながっているようです。

前回のレッスンでは、トンネルのコマンドを確実に理解できておらず、トリーツの誘導のみで行っていた事で飼い主さんの手の動きを追いかけるだけでトンネルに進入する事ができていませんでしたが、今回はコマンドを理解して、とても楽しくトンネルをくぐり抜ける事ができていました。ストレス無く出来ていましたので今日は、以前クリアできていたハードルのジャンプをコンビネーションさせて、ハードルをジャンプしてからトンネルを通過させるようにコマンドを出して頂き、スフレちゃんも理解して動けていましたので色々なコンビネーションを考えてみて下さい。注意点として、トリーツを誘導で使わずに最後の報酬にして下さい。

前回のトレーニングの、もう1つの宿題は「お座り」と「伏せ」の姿勢の維持でした。
前回よりも集中して維持できるようになっていますが、飼い主さんの無意識の癖で、スフレちゃんに何かのコマンドを出したりコントロール使用とする際に、トリーツを先に手に持って行う傾向がありますので、スフレちゃんは、飼い主さんの手の動きやトリーツがあるか?ないか?の判断で動くようになっています。またトリーツが出てこないと要求吠えが強くなり、その吠えを止める為に、トリーツを使いますので悪循環になり、スフレちゃんは「飼い主さんのコマンドに従わない」という選択肢を覚え、トリーツを得ようとしていますので無意識の習慣を改善していきましょう。
「待て」のトレーニングは、今日のレッスンで行ったようにクッションの上から離脱させないようにして、お座りの姿勢を維持したままリード1本分だけ離れても動かないようにトレーニングをしてみて下さい。
スフレちゃんの癖で、トリーツを欲しくなったり嬉しくなると回る行動で表現しますので、冷静に短い距離から安定した「待て」を目指して下さい。

関連記事

  1. P/L:くう君。

  2. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  4. P/L:スフレちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. with sarada Lodging training in MON…

  7. P/L:ゲイリー君&マー君。

  8. with sarada 108th Yokohama-School。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031