オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンは、モモちゃん・アメリちゃん・レティーちゃん・トナ君のFIELDでのポイント強化トレーニングです。

モモちゃんは、意欲の表れではありますが、興奮からの鼻鳴きが強くなる傾向がありましたが前回以降、少し冷静に指導手への注目しコマンドを理解する傾向が出てきています。脚側停座の修正も進んでいますので、視符を出さなくても正しい位置に停座ができるようになってきました。その場での伏臥の実行性も安定していますが、立止後の停座の先読み行動も出ていますので、タイミングをパターン化しないようにしていきましょう。


アメリちゃんは、脚側停座の位置が斜めに停座する傾向が出てきていますので、脚側行進も斜行気味になっています。このポジションを改善するために、基本となる脚側停座のコマンドに対しての認識を安定させ正しいポジションに脚側停座できるようにトレーニングを進めてください。脚側行進は、指導手の手の位置がポイントとなりますので斜行させないために、アメリちゃんの頭の方向に注意を払いながら修正をしてください。停座の際に、片足が上がる癖の改善は、両足の着いた状態をタイミングよく評価し改善していきましょう。


レティーちゃんは、速歩の脚側行進で屈折を先読みしてきていますので、再度、基礎トレーニングで指導手との同調性を強化していきましょう。また脚側行進の集中と意欲の持続は常にチェクをし、その時々での違いがないように同じ基準でフィードバックしてください。招呼などの際の「待て」で離れる際の臭い嗅ぎは、インドアですので臭い嗅ぎの行動は出ませんので、この正しい行動を誉めて芝生の上でも臭い嗅ぎをしないように正しい行動を安定化させていきましょう。行進中の伏臥の視符は、以前よりも小さな視符で実行できるようになっていますので、実行性が低下しないようにしていきましょう。


トナ君は、脚側行進の同調性を主体にトレーニングをしてみてください。指導手の気持ちだけが先行しており、トナ君の同調性が不安定です。現在のトレーニングは、基礎トレーニングですので誉めながら声をかけてでも正しい行動を理解させて安定させる足掛かりにする必要があります。特に環境刺激に弱いですから、この基礎段階のトレーに具の強化はとても大切です。伏臥の反応速度も、まだ速くなります。是非、頑張ってください。


関連記事

  1. C/L:げんた君

  2. P/L:ローキーちゃん。

  3. P/L:Mike君。

  4. P/L:ウィル君。

  5. P/L:ローキーちゃん。

  6. P/L:三太君。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031