ノーズワークグループレッスン

今日のノーズワークグループレッスンに参加されたのは、パコ君・ポム君・ラズ君・デビーちゃんです。BOXサーチからインテリアサーチまでそれぞれのレベルアップとハンドラーのスキルアップを考えながらのセッションを行いました。

パコ君は、ノーズワークとしては2回目のレッスンとなりますが、前回のビギナークラスでもノーズワークの意味を理解するのに、それほど時間はかかりませんでした。今回も、BOXサーチではハイドの数を3か所に設定しBOXのバリエーションは、あまり難易度を上げずにセッションを進めました。初めてのオブジェクトでも躊躇なくサーチできていましたし、最後のセッションではインテリアの設定まで進むことができました。今後のステップアップを期待しています。ハンドラーの告知に関しては、まだパコ君のナチュラルアラートやセントコーンへの反応を読み取ることができていませんので、今後のセッションを繰り返しながらハンドラースキルを向上させていきましょう。


ポム君は、サーチ能力としてはとても高い能力を持っていますが、エリアの認識とサーチパターンが反時計回りの動きが多いために、セントコーんが逆の流れになると効率よくハイドへ到達することができなくなります。しかし、自らの動きの中でエリアを絞りながら最後まで諦めない集中力はとても高いですからセッションの経験を増やしながら効率の良いサーチの理解を深めてください。ハンドラーの告知は、まだ不安が残るようですので自信をもって告知できるようにして下さい。


デビーちゃんは、以前よりも動きに機敏さが出てきたように感じます。また鼻の使い方も上手になりましたので視覚よりも嗅覚のバランスの方が断然高くなっています。BOXサーチでも、難易度の高い設定では、後半の集中力が低下する場面も見られましたが、仕切り直しでスイッチが切り替えるのは、シニアとは思えない切り換えです。インテリアでは、如何に純粋にセントコーンを捕ってサーチをしているか?を設定で確認して頂きました。ハンドラーの告知精度は、100%ですので現状を維持してください。


ラズ君は、ポム君よりもノーズワークの経験値が少ないとはいえ、セントコーンへの反応は非常に俊敏で素早い動きです。また残留臭に対しての反応も高いために、ハンドラーのご告知の要因にもなっていますが、それだけ嗅覚能力が高いことの証明でもあります。ただ、残留臭への反応とハイドへの反応の見極めは、ハンドラースキルの向上が必要ですので、今一度、ラズ君のハイドへの反応の確認などを設定によりハンドラーが学んでみてください。


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン

  2. Dog wave ノーズワークグループレッスン。

  3. P/L:テンテン君&ピッピ君。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  5. ノーズワークトレーナークラス

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  7. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  8. ノーズワークトレーナークラス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930