オビディエンスグループレッスン。

今朝のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃんの強化トレーニングです。

ブルース君は、意欲が高くなり集中できていますが、前回のレッスンでの指導手側の課題に関して、まだ完全に会得できていない動きがありますので、必ず再確認しながら進めていきましょう。特に脚側行進は、難易度の高いコマンドですので丁寧に教えていかないと修正できなくなります。報酬を与えるタイミングや与え方も、まだブルース君に合わせて行っているようですので、改善して下さい。招呼に関しては短い距離から強化トレーニングを進めてくれていますので、少しずつ無理のないように延ばしながら集中した停座と招呼を完成させましょう。


モコちゃんは、報酬を与えるポイントをずらしながら脚側行進の集中力を強化して頂きました。また右回りのターン後の脚側停座が但しポジションで停座できるように繰り返し行いましたが、指導手の指示のタイミングが正しくないと、トレーニングが成立しませんので注意して下さい。課題の立止は、サポートの手の動きが改善されましたので、立ち続ける事を強化しましょう。


リンゴスターちゃんの脚側行進は、指導手の肩の位置が後ろに傾いている為に、少し遅れ気味です。またリンゴスターちゃんの速度に指導手が合わせてしまう癖がありますので改善していきましょう。指導手は犬が合わせやすいように動く事はあっても、犬の歩即に合わせて歩く事はありませんので考え方を改善していきましょう。この考え方は、現在のターンで良く見られます。この際の動きは、犬と指導手が一体となってターンしなければいけないのですが、指導手だけが慌てて回りますので、リンゴスターちゃんは置いてきぼりになり大回りなターンになります。招呼は、ブルース君同様に少しずつ強化しましょう。大切なのは集中した停座です。伏臥は1声符で実行できるようになりました。これはとても素晴らしい成長です。更に、シッカリと日常で練習するようにお願いした立止も1声符で、しかも真っ直ぐに立てるようになったことは努力の成果ですので、練習が、確実に犬の変化に表れるように正しいトレーニイングを取り入れるようにしてください。


プーちゃんは、ひたすら脚側行進を正しいポジションで集中して行えるように繰り返しトレーニングを行いました。まだ先読みの反応がある為に、斜行する場面なども見られますが、左反転で意識させながら真っ直ぐな脚側行進を強化しましょう。
行進中の作業に関しても、ひも付きで基本的なトレーニングの反復を繰り返し、ターン後の脚側停座に関しても定着させていきたいと思います。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:ローキーちゃん

  3. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  4. P/L:ムッシュ君。

  5. P/L:いちごちゃん。

  6. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  7. with sarada Lodging training in MON…

  8. トレーリングセミナー。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031