HRD Training:ジーノ君

今日のジーノ君のHRD Trainingは、前回のレッスンから少し時間が空きましたが自主トレーニングを継続して頂いていましたので、前回に引き続きアラートの安定性と持続性についての強化トレーニングを行いました。

原臭に対しての反応は、非常に速く正確です。現段階では意図的な誤告知もありませんので現状の精度を維持していきましょう。自主トレーニングの様子を伺うと、ニンゲン側の意図がジーノ君のストレスを引き起こすような対応になっているようです。現在は、シンプルに正解に対してタイミングの良い報酬を与えアラートの精度を安定させるべきです。また以前からの課題であるスクラッチに関しては、今回のセッションで行ったようにアラート姿勢の認識と、原臭に対しての鼻の位置を正確に反応させましょう。どうしてもアラートの姿勢ばかりに気持ちが傾くと、本来のナチュラルアラートを見逃し、誤告知をしてしまう要因になりかねませんので注意してください。最後のセッションでは、興奮もなく落ち着いて冷静にサーチできていました。ジーノ君自身の意欲と興奮と集中のバランスをハンドラーが的確にハンドリングできるようにする事も、サーチ精度の向上につながります。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン。

  2. トレーリンググループレッスン

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. DRDN理事会。

  6. トレーリンググループレッスン。

  7. 東京防災展2018

  8. DRDN捜索基礎訓練会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930