P/L:ぼたんちゃん。

今日のぼたんちゃんのレッスンは、呼び戻しの課題に対しての強化トレーニングや付随したコマンドの基礎トレーニングです。

以前よりも飼い主さんのコマンドに対しての反応速度や実行性が高くなってきていますが、更なる改善が可能ですので現状の状態に満足せずに飼い主さん自身の対応や考え方を更にステップアップしていくようにしましょう。

屋外での環境刺激が加わる中でも、今までは「来い」のコマンドが出ると、コマンドを理解しているにもかかわらず、飼い主さん以外の人に対して近づいていくような行動が見られましたが、今日の反応は、少し時間は掛かるものの不服従の傾向は無くなり飼い主さんの傍に戻り正面停座して止まる一連の動作ができるようになってきました。以前から脚側停座も理解していますので、その時々で正面停座だったり脚側停座だったりと、ぼたんちゃんの都合で呼び戻しの最後の姿勢が変わっていますので、この動きも今後は飼い主さんが思う理想の形を例外なく常に実践できるようにして下さい。

脚側停座の停座位置も必ず正しい位置に停座させるようにしますが、今回のレッスンのときのようにリードを使わないでコントロールする事の方が難易度は高いですが、ぼたんちゃんの理解度が良く観察できます。脚側行進のように「ついて」で歩く場合も、トリーツで誘導していませんので距離間やスピード感も、まだまだですが、自発的に、そのポジションで歩いている事に価値があります。遠隔でのコントロールも、短い距離から普段のコマンドを活用して「伏せ」「座れ」で練習してみて下さい。「立って」の新しいコマンドも取り入れてトレーニングをしてみて下さい。

以前から、写真などを撮る際の「待て」のコマンドで、ぼたんちゃんがカメラ目線にならずに余所見が多いという課題に対して「待て」の強化トレーニングをしましたが、今日のレッスンでは、更に「待て」の精度を向上させるトレーニングを行いました。

正面停座から、アイコンタクトをしたまま、「待て」のハンドシグナルを出して離れてもアイコンタクトを持続するという簡単そうで、実はとても難しいトレーニングです。特に屋外の環境刺激の多い中でのトレーニングでは、中々飼い主さんへの集中が維持できません。「待て」以外でも、普段から飼い主さんを見続ける動作は、良く誉めて時々、トリーツを与えるなどしてアイコンタクトの強化を図って下さい。

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. with sarada 121th Yokohama-School

  3. with sarada 110th Yokohama-School。

  4. P/L:ぽんず君。

  5. P/L:ローキーちゃん

  6. P/L:ライス君。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031