P/L:ジルちゃん&レチェちゃん

今日のジルちゃん&レチェちゃんのレッスンは、前回のレッスンで行ったチャイムに対しての無駄吠えの改善状況を確認させて頂き、お散歩のステップアップトレーニングや室内でのコマンドの基礎トレーニングを行いました。

飼い主さんの努力の成果は、少しずつ出始めているようですが、禁止コマンドだけでコントロールする事だけを進めると、一時的な抑制だけにとどまりますので、シッカリと関連付けを理解させるようにしていきましょう。特に、このトレーニングは最初がとても大切ですので、飼い主さんの対応に馴れてしまうと正しい方向に修正ができなくなりますので注意して下さい。

お散歩での吠えに関しては、単に吠えることに対して禁止するのではなく、何に対して、どのタイミングで吠えるのか?を確認し、刺激に対して馴致させることを並行して進めていきましょう。

「ゆっくり」のコマンドで一緒に歩くスタイルは、臭い嗅ぎをさせないようにすることがポイントです。楽しくお散歩ができると、吠える対象に対しての反応も変化が出てきます。

正しいポジションを教えながら、アイコンタクトをしながら歩けることが楽しく教えると色々な課題の改善にもつながります。ジルちゃんは、拾い食いの癖もありますので、臭い嗅ぎのコントロールは今後進めて下さい。

レチェちゃんの子供に対して吠えに関しては、トリーツを与えてくれるお子さんに巡り合える場合は、トリーツを貰ったり撫でてもらう事も必要なトレーニングです。

室内で出来る事を屋外でも出来るかどうか?が、トレーニングの1つの基準にもなります。室内で出来る「お座り」のコマンドを誘惑刺激のある環境でも同じようにできるようにトレーニングをしてみて下さい。

また、トリーツを使う事で手を見る傾向が強くなっていますので、アテンションとアイコンタクトが関連づくように、まずは室内でアイコンタクトの強化トレーニングをしてください。

それぞれに、名前を呼ばれたら手の動きに左右されずにアイコンタクトを維持できるように色々な場面で楽しくトレーニングをしてみて下さい。特に予測を外すしてトリーツが出てくることの方が集中力と期待感が増します。2頭とも、とても理解力がありますので、飼い主さんがトレーニングの方法を理解してレベルアップさせてください。


関連記事

  1. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  2. P/L:トナ君。

  3. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:スピカちゃん

  6. P/L:モモちゃん&レティーちゃん

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. P/L:タンゴ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031