P/L:レオ君

初レッスンでお伺いしたのは、レオ君(柴犬8か月♂)です。課題はお散歩時の引き癖や甘噛みと基本的なしつけ方全般について、今後の方向性を飼い主さんと共にお話をさせて頂き、現在の課題への取り組みなどにつて実践トレーニングを行いました。

とても人懐っこく陽気な性格です。自己アピールの仕方も良く分かっていますし空気を読むのも得意なようです。ご自宅兼仕事場で生活をしていますので、飼い主さんとしてはシッカリと番犬をしてもらいたいというお気持ちが強いようですが、今まで1度も吠えたことがなく第三者にも尻尾フリフリで大歓迎のようです。家庭犬としては申し分のない性格ですので、現状を維持しながら成長と共に少なからずもテリトリー意識は芽生えてきますので一定の意思表示はしてくれると思います。それよりも、現在のレオ君の性格を伸ばしてあげる事の方がより大切ですので課題に対しての対応と同時に沢山のことを教えなながら良い経験を積ませてあげましょう。

一旦お散歩に出ると、興味のあるものがあ沢山!人も好き犬も好き!ですので飼い主さんはレオ君のお供となり引っ張りまわされてしまうようです。お散歩の中のルール作りを進めながら飼い主さんと歩調を合わせて歩けるようにする為に、まずは飼い主さんが、そのルールの伝え方を理解して進めてみましょう。

飛びついて甘えたり、リードを噛んだりという、この月齢にはよくある行動ですが、この行動に対しての対応も冷静に行われないとレオ君との遊びになります。リードを持つ人によっても引き継の強さや行動も変わりますので例外なく一貫した対応とルール作りを進めましょう。

また解放してエネルギーを発散させたげる事は、とても大切ですし課題の克服には必須条件です。安全を確保した状況で一定の自由運動の時間を与えながら、アテンションコマンドや呼び戻しのコマンドのトレーニングも取り入れていきましょう。

落ち葉・鳥・猫などモノを追う本能のスイッチを入れてしまう刺激は沢山ありますので、レオ君の動きを良く観察しながら飼い主さんとの良い関係を築けるように進めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:アルファ君

  2. P/L:ルイジ君。

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:いちごちゃん。

  6. P/L:ウィル君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:エマちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930