P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、課目トレーニングの課題に対しての改善トレーニングです。

脚側停座の集中の持続が改善されていないことで、課目全体の精度の向上につなげられていないのが現状です。脚側行進のターンの膨らみなどの改善も、コマンドが出た際の指導手へのアイコンタクトが無いとコンパクトにはターンができませんので周りの刺激に左右されない集中力を維持できるようにしていきましょう。その為にも、現在必要なのは一貫した基準を持った緊張感のある時間の中でのトレーニングです。伏臥に対してのダブルコマンドも、単なる抵抗感でしかありませんので「従う気持ち」を、どこかで勘違いをしてしまっているのかもしれません。トナ君自身の課目の理解には問題はりませんので指導手からのコマンドに対しての実行性を向上させるには、課目のトレーニングだけに留まらず日々の中に答えがあります。


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. P/L:ローキーちゃん。

  5. DRDN捜索基礎訓練会。

  6. P/L:ここちゃん。

  7. with sarada 108th Yokohama-School。

  8. P/L:ウィル君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31