ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスに参加されたのは、トレーナー5名とテン君・晴れちゃん・ライズ君・あんなんちゃんグート君・ぶんた君の6頭です。 今回は、ハイドの作製と設定をそれぞれのペアごとに考えながらブラインドでのセッションを行いました。またインドアだけではなくアウトドアでのセッションも同じように設定を考えながらレッスンを進めました。

今までの経験から色々な設定を自ら行う事で、ハイドからのセントコーンがどのように流れ、犬がどのように反応するのか?を経験することで、自分の犬と他の犬の違いや、犬ごとの反応の違い、またインドアでの対流による影響とアウトドアでの風の流れの違いなども経験することができたようです。

テン君は、とても安定した捜索ができるようになりエリアの認識や丁寧に捜索をする意識も高くなっています。アラートの静止姿勢もハンドラーには、とても分かり易く自信がついているようです。アウトドアでも環境に左右されずに捜索に集中できていました。


晴れちゃんは、インドアでは、どうしてもエントランスが気になり捜索に集中ができないセッションもありましたが、後半はいつもの集中した捜索スタイルを見せてくれました。アウトドアでも躊躇なくセントコーンをエアセントしてスタートから最短でハイドに到達する動きも見せてくれました。


ライズ君は、高い捜索能力でスタートからの集中力が高いので捜索時間も非常に短く効率的な動きを見せてくれています。アウトドアでは、環境設定に影響を受けてしまう場面はありましたが今後の課題として取り組んでみて下さい。またアラートの際のスクラッチに関してはハイドの設定を考えながら改善に取り組みましょう。


あんなんちゃんは、ハイドへの執着と告知動作の強化をしていくようにしましょう。捜索自体は、それほど苦手ではありませんし、シッカリとセントコーンへの反応も見られ分かり易い捜索です。ハイドに対してのピンポイントの告知を進めていかないと、ハイドから流れる薄いセントコーンに反応し、ハイドから距離のあるポイントでアラートをしていますので、告知が安定せずにすぐに動く傾向が見られます。報酬の与え方など工夫してピンポイントアラートを再確認してください。


グート君は、ハンドラーが思うよりも真剣で真面目に捜索に取り組んでいます。スタートからの意欲やセントコーンへの鋭い反応は見事ですし、正しく反応ができています。アウトドアでも刺激に左右されずに安定した告知ができていますので、今後も確実にステップアップしていきましょう。


ぶんた君の今日のセッションは、前半から少し集中力が安定せずに周りや床に対しての意識が強くなり、いつものような捜索が出来ていませんでした。そんな中でもインドアでは、様々な設定をクリアできていましたが、アウトドアでは屋外からの音に過敏に反応し捜索を中止せざる終えませんしたが、このようなケースでは、どのようにリカバリーして、再度アウトドアのセッションに進めることができるか?というスタディーケースとしては、とても重要なセッションとなりました。また次回、頑張りましょう。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  2. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  3. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  4. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  5. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  7. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  8. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031